テンシュテット/LPO マーラー「巨人」

聴いている音楽
11 /10 2015
クラウス・テンシュテット指揮、ロンドン・フィルの演奏でマーラーの交響曲第1番ニ長調「巨人」を聴いて見ました。(EMI・1977年録音)

テンシュテット氏は、自分の中では食わず嫌いの指揮者の一人。世の中の評価も高いんだか、低いんだか、どうにもよくわからんイメージです。

この「巨人」を聴いてみての感想も・・・「悪くない」という感じです。しいて特徴的に感じたことをあげると、温かみのようなものが感じられる音と表現ということかな。時間をかけてでもぼちぼち他のマーラーも聴き進めていってみようかなとも同時に思った次第。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

 佳いCDの紹介、ありがとうございます。私はテンシュテットさんは好きな方で、時々マーラーを聴きます。最初はLP時代に出た全集から、この巨人や3番、7番などを親しみました。
 巨人では、そのうちに、シカゴ響とのライブが出て、その凄みのある演奏に痺れました。これは、ユーチューブでもまだ見られますね。第4楽章などは、本当に恐れ入ります。
 26、7年前に来日した時、公演を聴き逃したことが残念でなりません。

Re: バルビ様へ

こんばんは。
テンシュテット氏お好きなのに来日公演を聴けなかったのは惜しかったですね。氏のマーラーはファンが多いようなので、その魅力が何かを掴むべく、これからじっくりと聴きこんでいきたなぁと思っているところです。
コメントありがとうございました。