カラヤンのマーラー 交響曲第4番

聴いている音楽
11 /01 2015
カラヤンのマーラーを聴いて見ました。

■ マーラー
  交響曲第4番 ト長調

  指揮:ヘルベルト・フォン・カラヤン
  ソプラノ:エディト・マティス
  ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

  (DG・1979年録音)

カラヤンのマーラーって今までなぜか縁がありませんでした。

聴いてみての印象は、随分と柔和で、ひたすら美音に包まれたマーラーというものです。

マーラーの音楽って、複数の楽器が同時に主役的に鳴り響いたりするところが面白く、魅力だと素人ながらに思っているのですが、カラヤン盤の特に第1楽章なんかでのインテンポで交通整理された表現は好みが分かれるかもしれません。逆に第3,4楽章なんかは違和感が少なく、成功していると感じました。

第4楽章のテンポは自分の基準的なものからいうとやや遅めでしょうか。ソプラノはドイツ語の硬質な感じがよく出ているように感じました。

今日から11月。車のタイヤ交換をしなければ・・・

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

カラヤンのマーラー

sankichi1689さん、こんばんは。

カラヤンのマーラーは4~6番と9番という歌なしの曲ばかり録音が残りましたね。4~6番も嫌いではありませんが、個人的には9番が文句なしの名演奏だと思います。2種類あるうち私は古い方がより好みです。ぜひ聴いてみてください!

Re: ばけぺん様へ

こんばんは。
本当に初めて聴いたのですよ。カラヤンのマーラーというものを(笑)。9番は2種類あるのですかっ!。それも知りませんでした(汗)。う~ん、これは是非聴いてみたいと思いました。第4楽章が良さそう・・・、あっ先入観は良くないですね。
コメントありがとうございました。

書き違いました。

sankichi1689さん、こんにちは。
歌なしって書きましたが4番は歌付きでしたね。記事にもあるのにとんだ書き間違い。失礼いたしました<(_ _)>。

Re: ばけぺん様へ

こんばんは
あっ^^/言われていればそうですね。私もあんまり意識していませんでした。ご丁寧にありがとうございます。
ちなみに第4はやっぱり第1、3楽章が好きですね^^/