カラヤン スッペ序曲集

聴いている音楽
10 /29 2015
たまには小品を。カラヤン指揮、ベルリン・フィルの演奏(DG・1969年録音)で。

図書館からの借り物です。

■ スッペ 序曲集
 1.喜歌劇 「軽騎兵」 序曲
 2.劇付随音楽 「ウィーンの朝、昼、晩」 序曲
 3.喜歌劇 「スペードの女王」 序曲
 4.喜歌劇 「美しきガラテア」 序曲
 5.喜歌劇 「怪盗団」 序曲
 6.劇付随音楽 「詩人と農夫」 序曲

いやぁ、懐かしいですね~。やりましたよ中学の頃、「軽騎兵」序曲。そんなんで手が伸びたんでしょうね。

カラヤン盤の「軽騎兵」は全然「軽」じゃない!(笑)。

冒頭のファンファーレからからエンジン全開で、金管がバリバリいってます。もちろん軽やかな部分の弦もトランペットもさすがなのですが、全体的にウィーン風と無縁に感じるのは、キレ、シンフォニックなサウンド、ダイナミックレンジの広さによるスケール感によるところが大きいように思えます。真っ向勝負という感じです。

「詩人と農夫」、これも素晴らしい出来ですね。冒頭のまろやかな金管とチェロの優美な歌は惚れ惚れするほど美しいですし、その後の一本調子に陥らない緩急・硬軟織り交ぜてのクライマックスに向けた盛り上げ方も聴いていて実に気持ちがいいです。

「ウィーンの朝、昼、晩」も良かったし、今回初めて聴いた曲「スペードの女王」、「美しきガラテア」、「怪盗団」も面白かったですね。

現在も今後も巨匠と呼ばれるようになる指揮者は、まず絶対に録音などしなさそうなスッペ(笑)。堪能しました。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

 たまにはこういう音楽を聴くのもよいですね。「現在も今後も巨匠と呼ばれるようになる指揮者は、まず絶対に録音などしなさそうなスッペ」……本当にそうですね。
 で、ネーメ・ヤルヴィのスッペ序曲集・行進曲集を今聴いています。すっきりとした演奏です。この人は巨匠と言っていいんでしょうか。録音の多彩さで言えば、カラヤンもかないませんね。

Re: バルビ様へ

おはようございます。
レパートリーが広いイメージのネーメ・ヤルヴィ。スッペ序曲集・行進曲集なんか録音しているのですね。デュトワも録音していますよね。二人とも・・・はい、巨匠でしょう!。それにしてもスッペは屈託がなくて爽快です!