ロメウス弦楽四重奏団 第1回演奏会

コンサート(その他)
10 /25 2015
■ ロメウス弦楽四重奏団 第1回演奏会
 
  モーツァルト 弦楽四重奏曲第14番
  ショスタコーヴィチ 弦楽四重奏曲第1番
  ベートーヴェン 弦楽四重奏曲第1番

  第1ヴァイオリン 市川映子 
  第2ヴァイオリン 坪田規子
  ヴィオラ 物部憲一 
  チェロ 廣狩理栄

  2015年10月23日(金)18:30~
  北海道立文学館

コンサートが続きます。

元札響コンマスの市川さん、今も札響客員奏者をされている坪田さん、現役の札響団員である物部さんと廣狩さんという札響ゆかりの4人で新たに結成されたカルテットの記念すべき第1回目のコンサートです。

メンバーのひとりとちょっとした知り合いだという友人に誘われて一緒に聴きに行ってきました。

場所は中島公園の道立文学館の地下にある休憩コーナーです。1階まで吹き抜けになっており音がよく響きます。小さい会場での演奏会は、奏者の動きや息遣いもリアルに感じることができる点がいいです。

演奏は一言すごくよかった!。特にショスタコーヴィチとベートーヴェン!。

ショスタコーヴィチは図書館で借りて事前に勉強していきましたが、短く(15分ぐらい)、面白く、かっこいい曲ですね。第2楽章にヴィオラの長いソロがあります。物部さん好演でした!。ベートーヴェンは生で間近で聴くと立体的な音の動きがよくわかります。チェロの廣狩さんが雄弁で迫力のあるアンサンブルをしっかり支えていたと思います。

アンコールはモーツアルトの弦楽四重奏曲第15番から第3楽章が演奏されました。



今回の演奏会、楽曲の合間の物部さんのトークがまた良かったんです。カルテット結成のいきさつ、名称の由来、取り組む楽曲の方針、当日の楽曲解説など、わかりやすくお話しいただきました。

カルテット結成は長年の希望だったようです。名称「ロメウス」はロミオとジュリエットの「ロミオ」のこと。物語の原型「ロミウスとジュリエットの悲しい物語」の「ロミウス」に少し手を入れてネーミングしたそうです。

そして方針としては、ベートーヴェンを中心にやりたいというお話がありました。

物部さんは「ムジカ・アンティカ・サッポロ」という古楽器団体も主宰されるなど、地元で精力的に音楽活動をされています。このカルテットも今後の活動が楽しみです。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

 室内楽が身近に聴けるのは、本当に素晴らしいことですね。私の室内楽実演体験は決まっていて、毎年の夏に開かれる「草津音楽フェスティバル」で、パノハ四重奏団が毎年来日するので、それを聴きに出かけるぐらいです。
 ベートーヴェンでは、この1番と有名な4番を10年ほど前に実演で聴いて、ベートーヴェンの音楽の緻密さ・厳しさに打たれました。初期の作品にも拘わらず、充実した音楽内容はベートーヴェン独特のものです。
 ショスタコーヴィチは全集があるのに、いまだ全く手つかずで棚に眠っています。聴いてみなくちゃ!

Re: バルビ様へ

こんばんは。いつもコメントありがとうございます。
毎年、決まってお聴きになられる習慣があるのは素敵ですね。日本のそれぞれの地で、音楽ファンがそれぞれの楽しみ方をされているのを聞くと嬉しい気持ちになります。
ベートーヴェンの四重奏はなかなか奥が深いようですよね。ショスタコーヴィチもそうですが、開拓のし甲斐があります(笑)。