バーンスタイン/NYP マーラー 交響曲第3番

聴いている音楽
10 /19 2015
DSC_1346201510181740.jpg

日曜日も午前中は良く晴れて気温も20度まで上がった札幌。気持ちがよかったので娘とバトミントンをやりましたよ。少し上達したようでした。午後からは厚い雲と雨。午後3時半にはもう車のライトがつけないといけないくらいに。なんだか変な天気でした。

音楽の方はこれまた久しぶりにバーンスタインのマーラーを聴きました。第3番ニ短調、1987年録音のDG盤です。

演奏はニューヨークフィル。アルトはクリスタ・ルートヴィッヒ、ニューヨーク・コラール・アーティスツ、ブルックリン少年合唱団という顔ぶれです。

バーンスタインは・・・あまり好きなタイプの指揮者ではないのですが、たまに聴くといいですね。そしてNYPってあまり生気が感じられない演奏の印象の時もあって、自分の中ではなんだが定まっていない楽団なのですが、このライヴでは皆が集中して、バーンスタインの指揮に喰らいついていって熱気を帯びた演奏になっていると感じます。

メリハリの効いた大迫力のトゥッティから最弱音の隅々まで、たっぷりバーンスタインのマーラーを堪能しました。第6楽章、う~ん感動的ですね。

第1,6楽章はこの曲の核心だと思いつつ、第2、3楽章なんかも好きですね。とりとめのなさの中にふっと浮かんでは消える憧憬にも似た情感が。第3楽章に2回あるポストホルンの長い長いソロはライヴだから仕方がないのですが、やはり録音では小さすぎに感じます。

それから、今まであまり気にしていなかったけど第4、6楽章でのホルンの上手いこと!。特に前者ではオーボエとともにアルト独唱を好サポートです。第6楽章もそうですが、静寂の中の管楽器の演奏ってプレッシャーですよね。ちょっとミスっただけで興ざめしちゃうことだってあるんですから。すごいすごい。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

 佳い曲、佳い演奏の紹介、毎回ありがとうございます。最近は、マーラーの曲の中では、この3番と7番をよく聴きます。3番は本当に好きで、日がな一日聴いていた時期もありました。およそ100分の演奏時間の間に、楽しめる箇所が満載だからです。マーラーの実演を聴いた中でも、3番が一番多いです。
 マーラー指揮者の代表とも言えるバーンスタインの演奏は、私もあまり聴きません。素晴らしいとは思うのですが、こってりしすぎていると言いましょうか。最近はどんどん、あっさり目のマーラーを聴くようになってきています。
 

マーラーの3番といえば

私が持っているのは、バーンスタイン、クーベリックのLP、インバルのCDの3種類です。最近は、車の中で聴くのに便利ということで、パブリック・ドメインになった60年代のバーンスタインのMP3のものをよく聴いているという軟弱さ(^o^;)> です。
朝晩は、涼しさを通り越して寒くなりましたね。深まる秋を感じます。

Re: バルビ様へ

こんばんは、週明けから出張でお返事が遅くなりました。
佳い曲、佳い演奏の紹介だなんて、もったいないお言葉です。マーラーの3番の実演が一番多いとは通ですなぁ!。私も一度札響で聴きましたが、聴いた後の充実感がたまりません。バルビさんのお気持ちもわかります。あっさり目のマーラーいいですね。私もそっち系が好きです。
コメントありがとうございました。

Re: narkejp様へ

こんばんは、週明けから出張でお返事が遅くなりました。
マーラーはわりと特徴が出やすいので色々な指揮者での演奏の楽しみが増すように感じます。インバルですか、日本にゆかりの指揮者ですが、彼の3番は聴いたことないですね。都響でもう一回ぐらいやってくれないですかね。
朝晩、寒いです!。今週からコートを着始めました(>_<)。。。。
コメントありがとうございます。

マーラー/夏の朝の夢

先日のi日曜日のEテレで飯森さんのハイドンが取り上げられていましたけど、
マーラーの3番「夏の朝の夢」第一楽章だけで
ハイドンのシンフォニーが2~3つくらい入りそうな長さが
ありますから、やっぱり大変な曲ですよね。
私はⅢ・Ⅵ楽章
特にⅥの終わりそうで中々終わらないあの感じ、
巨神が悠々と歩くようなあの終わらせ方が大好きです!!
バーンスタインのこの二枚組CDは、このⅥの終わりそうで中々終わらない感じをうまく演出していたと思いますし
メータ指揮のロスフィルは、決然とした感じ・・・凛とした雰囲気が
とっても好きです。

Re: ぬくぬく先生へ

こんばんは
確かに長い、長いです。バーンスタインの演奏もそれを助長しています。マーラーを愛する人はそういうところも含めて好きなんでしょうね。第6楽章の終わりのバーンスタインの指揮についてのご意見、なるほど大変興味深く拝見いたしました。音楽の聴き方が深いですなぁ。見習わなくては^^;
コメントありがとうございました。