小澤/CSOのリムスキー=コルサコフ シェエラザード

聴いている音楽
10 /08 2015
DSC03555201510072134.jpg

札幌は10月に入って寒いです。朝は6,7度といったところでしょうか。雨が降るたびに寒くなります。週末にかけて台風も近づいています。

さて、身辺はというと相変わらず本やらCDやらを片づけているんですが、当然、処分に迷うものも結構あります。

これもその一つ。小澤さんとシカゴ響によるリムスキー=コルサコフのシェエラザードです。EMI・1969年の録音です。

はっきりいってシェエラザードは好きではないです。なくなっても自分にとっては全く影響ない曲。手持ちの音源は全部なくしてしまおうかと思ったのですが、思いとどまりました(笑)。演奏会の予習にも必要ですから。

聴き直してみてやっぱり感じたのは、若き小澤さんの勢いとシカゴ響の上手さ!。

「バグダッドの祭、海、青銅の騎士の岩での難破、終曲」での一糸乱れぬ強靭なアンサンブルは一聴に値しますね。クライマックスのトロンボーンの雄大な旋律に向けて煽る小澤さんに涼しい顔でついていっている感じさえします。

そして勢いといっても何から何まで力んでいる感じでもなく、金管をふっと軽めに吹かせている部分もあったりして、そこが面白いなあと感じます。録音も良好ですが、自分には少々残響が多く感じます。

小澤さんのディスクを眺めてみると、60年代はこれだけでした。あとは70年代から00年代まで各年代何枚かはあるので、そういう意味でも残しておきましょうか。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

シェエラザード^^

おはようございます!!
お片付け、、頑張っておられますね。^^
シェエラザードですか、音の絵巻物という感じですね。
正直私もあまり好んで聞く曲ではありません。^^;
小沢さんの若い頃ですね・・・・、それだけで残す価値があるんじゃないですか?^^
私はプレヴィン/ウィーンフィルのような、ある意味無難な演奏を聴くことが多いのですが、若き小沢さんとシカゴ響でしたら息もぴったりで、色彩豊かな演奏になっているのではないですか?(私は残念ながら、聞いたことがありません)
それにしましても、ほんとに急に寒くなってきましたね。
恐らく北海道は、格別の寒さなのでしょうね。。。
風邪など引かれませんように!!

Re: ★赤影★様へ

こんばんは
片付けはボチボチゆっくりやってます。人間の所有欲を断ち切るのは容易ではないです(笑)。
若いころの小澤さんのフレッシュな快演。一人の指揮者の長いキャリアを感じる意味でも大事にしないといけないかもしれません。
そして札幌は寒い。寒いです!なんなんだこの寒さは!。今日の最高気温は13度でした・・・・
コメントありがとうございます。