札響第581回定期 広上さん&小山さんのラフマニノフ

コンサート(札響)
10 /04 2015
春先のkitara改修の影響で10月は2回定期がある札響。台風並みの低気圧の余波で強風ではあったもののよく晴れた土曜の午後に聴きに行ってきました。

■ 札幌交響楽団第581回定期演奏会

  ラフマニノフ ピアノ協奏曲第3番
  ラフマニノフ 交響的舞曲

  指揮:広上 淳一
  ピアノ:小山 実稚恵

  2015年10月3日(土)14:00~
  札幌コンサートホールkitara

開園前のロビーコンサートはヴァイオリンの高木さんとチェロの石川さんによるコダーイのヴァイオリンとチェロのための二重奏曲より第1楽章が披露されました。なかなか硬派な選曲にいつもより人だかりも多い感じです。そして終わった後にブラヴォーも出る盛況ぶりでした。

DSC_1347201510031951.jpg

DSC_1346201510040731.jpg

さて、1曲目はピアノコンチェルトの3番。広上さんとともに小山さんが真紅のドレスで登場。

第1楽章のピアノ導入部の息をのむような美音に酔いしれていたら、トラブル発生です!!。「ピーピーピー」と電子音が!。これには参りました・・・。こんなひどい状態は今まで経験したことがありません。結局、小山さんのアンコールの最中までずっと・・・。原因は不明です。

演奏が素晴らしかっただけあって悔しい!!。随所に現れる管楽器のソロとの掛け合い、そして第3楽章のラストでは小山さんまさに全身全霊という感じの渾身の演奏!。広上さんの指揮もエネルギッシュで大きな音楽を作り上げていたと思います。ロシアの大地が目に浮かぶようでした。

アンコールはスクリャービンをやってくれました。左手のための2つの小品からノクターンです。この曲は館野さんの演奏で知ったのですが、この世のものとは思えない美しさをたたえた曲です。なんだか得した気分です。でも静寂を破ってここでも電子音・・・(>_<)

休憩時間中、レセプショニストの方に詰め寄っていた方もいたように見えました。やはり第1楽章が終わったところで何らかの対応はすべきだったと思います。他のお客さんはもちろん、音楽家の方にも失礼ですし・・・。

後半は交響的舞曲。曲全体に管楽器によるソロが散りばめられていて大活躍します。特に第1楽章のサクソフォン、第2楽章のイングリッシュホルンとオーボエのソロは魅惑的ですね。それからスネアドラム、どら、チャイムなどの打楽器も面白さの限りです。管楽器経験者の私としてはモーツァルトの何倍も楽しいそんな曲なのです。

札響も管楽器を中心に好調。広上さんの指揮もあいかわらず躍動感を伴い全身で伝える楽しいもの。時々うなり声も聞こえてきて(笑)。最後はかっこよく盛り上がりました。いいですねぇ、広上さん。京響を聴きに遠征したくなりました!。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

演奏会の困り者

sankichi1689さん、おはようございます。

「ピーピーピー」の電子音、困り者ですね。携帯かスマホのバッテリー切れ直前に鳴るアラーム音もそんな音がしてたような。私も昔、大阪フィルの演奏会で下階の別のホールから音が漏れ聞こえてきてガッカリしたことを思い出しました。ホント、素晴らしい演奏だと余計に悔しいですよね。

Re: akifuyu102様へ

おはようございます。
akifuyu102さんもひどい目にあわれたことがあるのですね。いやはや困り者には参りました。それでも私や他のお客さん、それから音楽家の方も集中力を切らさなかったのは幸いです。でも悔しい!!

こんばんは。

sankichi1689さん、こんばんは。

映画でもコンサートでも集中している時に電子音は頭に来ますね。いつまでも止まらないというのは、本人、聞こえないのかな。切り方わからなくても聞こえてれば会場から出ることはできるはずなので。

前にNYPでマーラーの9番の終楽章で鳴りやまない携帯に腹を立てた指揮者が演奏を止めて注意したという記事を見ました。演奏する側も悩みどころですね。二度とそうしたことがないと良いですね。

Re: ばけぺん様へ

こんばんは
今回はかなり頭にきました。残念です。ホントに度とないことを祈ります。演奏者に嫌な思い出を持ってほしくありません。でも私も含め聴衆も演奏者側も集中力を切らさなかったように感じたのが幸いです。コンサート全体の印象もさほど悪くはありません。
コンサートにいくと色々あります・・・。まあそれも含めて一期一会なんですけどね。
コメントありがとうございました。