ガーディナー/リヨン歌劇場管のシューベルト 「未完成」

聴いている音楽
08 /30 2015


先週は飲み会3回、後半は研修でまともに業務もできず。といって誰もその代わりをやってもくれず、なんだかバタバタな週でした。

オマケに日曜日もイベントの手伝い。せめて土曜ぐらいゆっくり音楽を聴いてやろうと思い、引っ張り出して聴いていたのは、ジョン・エリオット・ガーディナー指揮、リヨン歌劇場管弦楽団によるシューベルトの交響曲第7番ロ短調「未完成」(エラート・1987年録音)です。

なんでこのCD持っているのかわからないぐらい購入の記憶がありません(笑)。しかもこれまでまともに聴いてもいませんでした・・・。

ライナーノーツを見ますとガーディナーさん83年から89年までリヨン歌劇場の監督をされていたのですね。う~ん、全く記憶にありませんねぇ。

さて「未完成」。「古楽による演奏スタイルをモダン楽器のオケで」というものですが、録音されたのが1987年ということで、このタイプの先駆け的な感じになるのでしょうか。

ヴィブラートは終始控えめ、各楽器の個性は抑えられ、トゥッティは力みがありません。サクサクもたれない進行の中に水墨画のような淡い詠嘆が感じられました。なかなか面白い演奏だと思います。

もう9月ですね・・・。朝は16~18度ぐらいまで下がるようになって肌寒さも感じます。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

こんばんは。

sankichi1689さん、こんばんは。

北海道は一足先に秋の訪れですね。とはいえ、関東も昨日今日は22度くらいでおまけに雨なのですっかり夏は終わってしまった感じです。

ガードナーがオペラハウスのオケを振って「未完成」とは!ジャケットを見ると「グレート」も併録でしょうか。意外な組み合わせながら面白そう。ちょっと聴いてみたい気がしました。

Re: ばけぺん様へ

こんばんは
関東も涼しくなりましたね。五輪も半月でもずらせたらいいんですけどね。
CDの方は、はい、グレートも入ってます!。こちらも軽めの響きでフワッと一筆書きのような魅力があります。英国人指揮者、フランスのオケ、ドイツ音楽。面白いです。
コメントありがとうございました。