尾高/札響のブルックナー 交響曲第7番

聴いている音楽(札響)
08 /19 2015
DSC_1384201508182052.jpg

北海道はちらほら朝晩は20度ぐらいまで下がるようになりました。夜は虫たちの声に誘われて眠りにつく、そんな日々です。

そんな最近の音楽鑑賞は尾高さんのブルックナーです。2013年5月の定期演奏会の録音ですね。ちょうど単身赴任中で聴いていない演奏会です。

■ ブルックナー
  交響曲第7番 ホ長調 (ハース版)

  指揮:尾高忠明
  札幌交響楽団

  (fontec・2013年ライヴ録音)

札響のブルックナー録音というのは初めてのような気がします。

尾高さんの演奏は全体的にゆったりと歌い、トゥッティは力強く、しかし、決して金管だけが突出することのないバランス重視のブルックナー演奏かと思います。

弦楽器の美しさ、細かいところのアンサンブルなどもとてもいいと思いましたが、第1楽章のコーダや第2楽章のクライマックスは少し響きが雑然とした印象を受けたのは少々残念な気がしました。第2楽章のクライマックスはハース版ですがティンパニのみ入れているようです。個人的には無い方が好きですが。

第3楽章トリオの弦やオーボエ、トランペットの美しさもよかったですね。第4楽章では第3主題のよくブレンドされたサウンドが印象に残りました。ゆったり目の荘重な進行で、切れのいい第1主題、優美な第2主題との対比が際立ちます。第3主題の後の静かな部分でのホルンも好演。

ライナーノーツによると尾高さん後期ロマン派が好きで、中でもブルックナーが一番好きとのことです。マーラー指揮者のイメージをもっていたので意外でした。その尾高さん10月の定期でブルックナーの9番を振ってくれるので、今から楽しみです。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

一足早い秋

sankichi1689さん、おはようございます。
朝晩の気温が20℃ぐらいまで下がっているとは驚きです!
やはり北の国は秋が早いですね。大阪も12日連続の酷暑日が途切れて、
ここ1週間ぐらいは少し過ごしやすくなって来ました。

7番は良いですね~。でも長い曲なので4楽章まで真剣に聴いた記憶は....結構、少ない(汗) てな訳で、第1,第2楽章が特に好きなんですよ。私の中では2楽章まででこの曲は完結します。(笑)

Re: akifuyu102様へ

こんばんは
今朝は16.9度で寒いぐらいでした(>_<)。
本州の暑さも一段落といった感じで良かったですね。
ブル7は確かに第1,2楽章が核心ですね。フィナーレは短く全体のバランスを欠いていますし・・・。akifuyu102さんだけでなく、誰もが思うことです(笑)。
コメントありがとうございました。