トンコリとムックリ

音楽
07 /29 2015
娘の夏休みの自由研究のため南区にある札幌市アイヌ文化交流センターに行ってきたので、アイヌの方が使っている楽器についてレポートを。

まずはこちら、トンコリ
もともとは樺太のアイヌで使われていた楽器で、和名にすると五弦琴ですが、四弦や六弦のものもあるようです。

センターの方によると、材質は本体はエゾマツ、弦は動物の腱を使っていたとのことです。子供を亡くした妻に夫が贈ったことが起源とされ、楽器本体を頭、胴、足に見立て、子供を抱きかかえるようにして演奏するようです。

楽器中央には穴が開いており、ここからタマサイと呼ばれるガラスで出来た女性用の首飾りの玉を一つ魂として入れるそうです。センターの方が楽器を揺らすと、確かにコロカラと球が転がる音がします。



DSC03366201507261651.jpg

DSC03370201507261653.jpg

DSC03367201507260652.jpg

DSC03378201507262025.jpg

DSC03381201507262026.jpg


こちらはムックリ
和名で口琴ということになるんでしょうが、娘と一緒に製作体験をしてきました。

切れ込みの入った竹と彫刻刀を手渡され、作業開始です。まずは中央の振動する部分を薄く削り、次にサイドの不要な部分を削り落とし、ひもを付けて完成です。
DSC03396201507261658.jpg

DSC03399201507261657.jpg

共同制作の完成品(表側)がこちら。
左側を左手でしっかりと持ち、中央部分を口にあて息を吐き・吸いしながら、右手で右側のひもを横に引っ張ると、ビヨンビヨンと音が出ます。
DSC03394201507261655.jpg

DSC03395201507261656.jpg

とても小さい音しか出ません。昔の蝦夷地には喧噪など無縁だったのでしょう。

なお、今回は竹製ですが、北海道には竹は自生していません(正確には道南にほんの一部ある)。では本来は何を材料としたのか、センターの方に聞いてみましたら、竹が入手できるようになるまでは、ネマガリダケという硬い植物を削って作っていたと教えていただきました。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

 佳い家庭教育をなさっていますね。本を買って見せることもよいことですが、やっぱり体験にかなうものはありません。わざわざ親子で出かけて、一緒に「見学体験」というのが、最良ですね。素晴らしい!麗しい! お子さんの、物事への興味関心を引き出し生活意欲を高める、良質な教育だと思います。
 さて、どの民族も、生活の中に音楽を欲するんですね。そして、形は違えども、弦を弾いて音を出して興じたいという、その思いは変わりないんですね。こういうのを見ると、音楽愛好家としては、本当に嬉しくなりますね。 

Re: バルビ様へ

こんばんは。
良い家庭教育だなんて、過分なお言葉、ありがとうございます。娘が行ってみたいといったものですから・・・。この札幌市アイヌ文化交流センターは非常にわかりやすく、内容も充実していますが、ワタクシ的には札幌の中心部にあったらなあ。そうしたら本州や外国からのお客様に知っていただく機会がもっともっとあったのにとの思いです。
それにしても、仰るとおり人間の音楽を求める欲のようなものは古今東西強いものがあることをあらためて感じました。
コメントありがとうございました。

民族楽器^^

こんにちわ(*^。^*)
聡明なお嬢様と一緒に、アイヌの楽器に親しんでこられたのですね。
そうですか、やはりお嬢さまの方から行ってみたいと仰ったのですね。
sankichi1689さんの親子愛と、ご紹介頂いたトンコリに纏わる家族愛のお話が重なって、とても温かい気持ちになりました。(^_^.)

Re: ★赤影★様へ

こんばんは!
聡明だなんて、愚娘でございます。まあ、どこかで聞いて関心を持ったんでしょうね。
トンコリの話は私も初めて聞きました。レリーフの中のトンコリにも中央に穴があります。ここから魂を入れるのですね。このお話の家族愛とはほど遠い我が家ですが・・・^^;
コメントありがとうございました。