岩城宏之さんの最後の客演

音楽
06 /28 2015
週末に書斎の片づけをしていたら、古いプログラムを見つけました。

故・岩城宏之さんが最後に札響に客演(たぶん)した際のプログラムです。2005年6月の定期演奏会ですから、ちょうど10年前ですね。

DSC03268201506271753.jpg

この時の曲目は、ショスタコーヴィチのヴァイオリン協奏曲第1番と、ストラヴィンスキーのバレエ音楽「火の鳥」(1910年版)。ヴァイオリン独奏は川久保賜紀さんでした。

実に岩城さんらしい選曲、しかも「火の鳥」は1910年版というこだわりが感じられます。そして、演奏もとても良かったと記憶しています。火の鳥の最後の金管のパワフルかつ輝かしい響き!いやぁ、懐かしいですね。

岩城さんは、残念ながらこの客演のほぼ一年後の2006年6月にお亡くなりになられました。

札響とは78年から88年まで音楽監督、その後亡くなられるまで桂冠指揮者として関わりがありました。オーケストラアンサンブル金沢もそうですが、地方の音楽文化の発展に大変ご尽力された方という印象を持っています。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

岩城さん、いいですね~。

sankichi1689さん、おはようございます。
N響アワーを夢中になって見ていた頃、岩城さんが最多登板でした。懐かしいです。
札幌の風土に魅了された多くの演奏家や指揮者、音楽監督が、この地で何とか音楽文化を花開かせたい、発展させたいと、貢献されて来たのですね。そんな中に岩城さんも長年にわたり札響に関わっていらしたのですね。そのお陰で今や札幌は世界的な音楽都市にまで成長しましたね。

Re:akifuyu102様へ

こんばんは
岩城さんは札幌と札響にとって多大な貢献をしていただきました。札幌だけでなく地方のクラシック音楽が盛んになることで、日本のクラシック音楽環境が拡がりと厚みを持つようになったのなら嬉しいですね。
コメントありがとうございました。

 岩城さんの存在は、大きかったですね。私もN響アワーのおかげで様々な音楽を知り、そして大好きになりました。中でも、思い出すのは、岩城さんの指揮です。チャイコフスキー5番の演奏でした。汗だくで、目を大きく見開き、左手を大きくたたきつけるような指揮姿を今でも思い浮かべます。この曲のかっこうよさが一段とひきたちました。
 札響さんにとっても大切な人だったんですね。我が群響にも時々客演されました。チャイコフスキー1番の名演は忘れられません。

Re: バルビ様へ

こんばんは
岩城さんの存在、仰る通り大きかったですね。ウィーンフィルの定期も振ったことのある巨匠ですが、一方で地方のオケの発展にも力を注いでくれました。群響さんとの冬の日の幻想はさぞ良かったでしょうね^^。私もしばし思い出に浸った週末でした。
コメントありがとうございます。