尾高/札響のベートーヴェン 交響曲第8番

聴いている音楽(札響)
06 /26 2015


天候不順な今週、尾高さんのベートーヴェン全集を聴き進めていました。

似たような記事が続きますので、興味のない方は読み飛ばしてください。

今回は第8番 ヘ長調 Op.93 です。fontecの2011年ライヴ録音です。

わりと好きな8番。第1楽章はまろやかさと迫力がありますし、第2楽章での弦楽器と木管楽器との美しい対話、終楽章の爽快なキレ。なかなかいい感じです。

今回聴いていて面白いなと感じたのは第3楽章でしょうか。トリオはホルン、クラリネット、弦楽器で奏でられますが、全体の中でホルンのバランスがやや強く、それによって名旋律(と私は思っています!)や、ふわふわと夢見るような雰囲気がより一層楽しめるような仕上がりになっていると感じました。札響のホルンも非常に美しい吹奏。ブラボーですね。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

8番は、朝のお掃除のハミングで

ベートーベンさんの交響曲で一番好きな所は、5番の終楽章に移るところ。
でも、曲全部だったら断然8番!。
冒頭からもうご機嫌な朝のお掃除テーマミュージックです。
もちろん鼻歌ですけどね。
まあ、グールドさんには負けます(笑)。

Re: MK様へ

こんにちは
私もここ数年は8番が好きなんですよね。
簡潔明快の美があります。
鼻歌、たしかに自然に出てきます、私も(笑)。