尾高/札響のベートーヴェン 交響曲第4番

聴いている音楽(札響)
06 /06 2015
DSC_1230201506041951.jpg

今週は(出張のお供にも)尾高忠明さん指揮、札幌交響楽団演奏によるベートーヴェンの交響曲第4番変ロ長調(fontec・2011年ライヴ録音)を聴いていました。

なかなか良かったです。

個人的には第2楽章がちょっと落ちますが、全体的に力強さと精緻さを兼ね備えた秀演だと感じました。

弦楽器のアンサンブルはホントしっかりしていますし、シンフォニックな立体感も良く出ています。対するオーボエ、フルートなどの木管楽器の瑞々しい吹奏も好印象です。弦楽器と管楽器、それぞれのパートのバランスもいいですね。

う~ん、これは統率する尾高さんの職人技ですね!

今月の札響定期ではエリシュカさんがこの第4番を演奏します。二人の指揮者の音楽づくりの違いのようなものが一つでもわかればいいのですが・・・。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント