てっぺんまでの空の旅

雑記
06 /04 2015
週明け早々、稚内に出張。今回は飛行機です。

天気が良くて視界良好。
新千歳を飛び立ち、大きく旋回して、まずは石狩平野を北上。
北海道の米どころです。石狩川の三日月湖も見えます。


途中で石狩川とはお別れです。飛行機は日本海側の縁に添うように北上。
DSC03167201506032344.jpg

だいぶ北まで来ると今度は天塩川の三日月湖が見えました。
おそらく北緯45度の幌延あたりでしょう。
このあたりは米はおろか畑作も厳しいですね。牧草地か酪農です。
DSC03168201506032015.jpg

そのうち高い山もなくなり、遠くにオホーツク海が見えてきたと思ったら、
眼下にはたくさんの風車。宗谷丘陵です。
北海道遺産にも登録されている「周氷河地形」とはこれですね。はっきりわかります。
DSC03174201506032017.jpg

ついに日本政府の実行支配が及ぶ国土の北端、宗谷岬上空まできました。
(真の北端は北方領土の択捉島にあります)
飛行機はいったん岬上空を突き抜けて大きく旋回します。
DSC03177201506032018.jpg

宗谷海峡。この先はロシア領。サハリンですね。
DSC03181201506032209.jpg

着陸直前、稚内の市街の遠く向こうに利尻島の利尻山(利尻富士)が見えました。
DSC03185201506032019.jpg

仕事ですが楽しい思いをさせてもらいました^^/

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

おはようございます!(^_^.)

なんとも雄大な空の旅ですね。
窓際の席を確保されたのですか?
こうして空から眺めますと、三日月湖ですとか自然の威力を感じさせる風景を楽しむことが出来ますね。
なんだか、私も一緒に空の旅を楽しませて頂いた気分です。
出張、お疲れ様でした!(^_^.)

Re: ★赤影★様へ

こんばんは。
席は通路側が好きなんですが、この日はたまたま窓側になったのです。
確かにこうやって見ると雄大ですね。
おかげで良い地理の勉強になりました(笑)^^/
過分なるコメント、ありがとうございました。