バーンスタインのベートーヴェン 交響曲第1番

聴いている音楽
04 /29 2015
DSC0294420150428194132.jpg

ウィーン・フィルの来日公演の曲目に触発されて、ベートーヴェンの1番をバーンスタイン指揮、ウィーン・フィルの演奏で聴きなおしてみました。DG・1979年の録音です。

バーンスタインの元気いっぱい、生命力あふれる演奏は、VPOの一糸乱れぬアンサンブルと相まって本当に気持ちがいいです。第3,4楽章は指揮をしなくてもいいと感じるほど。

そして第2楽章で弦楽器と木管楽器の融けあうハーモニー!。この楽団を聴く醍醐味ですね。

なるほど、こうやって聴きかえすと十二分に堪能でき、この曲がメインというのもわからなくもないと思えてきます。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

 佳いCDの紹介、ありがとうございます。私にとってベートーヴェンの1番は大好物の一つです。バーンスタインのベートーヴェンでは、その昔愛聴した第九と田園、7番しか聴いていないので、この1番には興味があります。
 それにしても、1番は、その冒頭の和音進行といい、第2楽章の形式感といい、第4楽楽章の始まり方といい、……興味はつきません。創造性豊かな本物のシンフォニーの一つですね。素晴らし!

Re: バルビ様へ

こんばんは。
1番はよく2番と比べて影が薄いと言われますが、まさにバルビさんが聴きどころを書いてくださった点に魅力を感じ、私は1番の方をより好んでおります。なんだか久しぶりにはまってしまって、今日は車でクレンペラー盤、家でカラヤン盤を聴いたりしていましたよ^^
コメントありがとうございます。