尾高/BBCウェールズ響のラフマニノフ 交響曲第2番

聴いている音楽
03 /30 2015
     

尾高さんの札響音楽監督としての最後の大仕事、3/22~28の台湾公演のメインプログラムは、ドヴォルザークの8番とラフマニノフの2番。

というわけで、週末は尾高忠明指揮、BBCウェールズ交響楽団の演奏で、ラフマニノフの交響曲第2番 ホ短調 作品27 を楽しんでいました。ニンバス・1991年の録音です。尾高さんは後年メルボルン響とも再録音しているので、1度目の録音ということになるのでしょうか。

尾高さんは1987年からBBCウェールズ響の首席指揮者を務め、発展に尽力されたようです。ライナーノーツには、積極的な海外公演やレコーディングなど勢いがあったと記されています。

実はこのコンビ、自分にとっては初めて聴いた外国のオーケストラの演奏ということで思い出深いのです。91年の札幌公演でのマーラー5番は、まさに勢いを感じさせる熱演でした。

さて、ラフマニノフはというと、こちらも素晴らしい演奏ですね。
残響の多さと、マイクの遠さで輪郭線がぼやっとしているのが少し気にはなりますが、抑制の効いた端正で上品な表現、それでいて適度に熱っぽさもある。丁寧に一曲一曲作り上げていく当時の両者の仕事ぶりがちゃんと伝わってきます。何度も繰り返し聴いて大いに楽しみました。

手兵札響と、尾高さん自身さらに円熟味を増しただろう表現で、台湾の聴衆を魅了したと確信しています。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

 この演奏は、私も気に入っていて、CDを二枚持っています。2番では、ほかにビシュコフやロジェストヴェンスキーの演奏も好みますが、最もよく聴くのはこの尾高さんの盤です。とても暖かみのある演奏だと思います。
 5月には、我が群響にも客演してくれて、1番をやりますのでこちらも楽しみです。

Re: バルビ様へ

こんばんは。
バルビさんもこの演奏がお気に入りなのですねっ!いい演奏ですよね。第4楽章のラストは、なかなか恰幅がいいテンポ運びで、巨匠の趣もありますね。
尾高さん、5月に群響さんで1番をやるのですか。快演を祈願いたします。
コメントありがとうございました。