フルネのイベール 交響組曲「寄港地」

聴いている音楽
03 /15 2015


先週は吹雪いたりして春が少し後退しましたが、土曜日は家族で車に乗っていても「春だね~」と自然に口に出てしまう暖かな日差しのよい天気でした。積雪も40cmほどまで減りました。

さて、そんな土曜日はフランス音楽、イベールの交響組曲「寄港地」を聴いておりました。ジャン・フルネ指揮、オランダ放送フィルハーモニー管弦楽団による演奏(DENON・1996年録音)です。

「ローマ~パレルモ」、「チュニス~ネフタ」、「バレンシア」の3曲は、イベールが海軍士官時代に寄港した地中海沿岸の印象に基づいて書かれたのですね。

後ろの2曲を好んで聴きます。「チュニス~ネフタ」のアラビア風のオーボエは何と言ってもこの作品の最大の魅力の一つですし、「バレンシア」の活気と色彩も魅力です。

都響ともゆかりが深いフルネさん。聴いていると、もっとやって!と思う時もあるのですが、派手さのない落ち着きを払った演奏には格調の高ささえ感じます。オーケストラの混濁のないクリアなサウンドもとてもいいと思います。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

都響で聴いてみました。

sankichi1689さん、おはようございます。

ジャック・イベールの「寄港地」をフルネ指揮の都響で聴いてみました。
近現代音楽家の作品は敬遠していたのですがイベールの「寄港地」はいいですねぇ~。第2曲「チュニス~ネフタ」のオーボエのエキゾチックで妖しげな響きにはゾクッと来ました。
お陰様で知らない作曲家の作品も聴いて見ようと思えるようになりました。ありがとうございました。

Re: akifuyu102様へ

こんにちは
オーボエいいですよね。蛇が出てきそうで(笑)。学生時代にやったのですが、バレンシアなどこれがまた難しくて・・・、懐かしさに浸っていました。
コメントありがとうございます。

寄港地

イベールの寄港地は素晴らしい曲ですよね。
Ⅱのオーボエソロは「アラビアの蛇遣い」でもあり、「妖しいお姉さん」を思わず連想してしまいます。
Ⅲの情熱の発散は素晴らしいですね。特に後半で爆発するシロフォーンやカスタネット・タムタムの響きが大好きです。
実は・・・・この曲、日本フィルを客演したフルネの演奏を生で聴いています。
演奏は悪くはないと思ったのですけど、フルネ先生はご不満だったようでして、アンコールとして演奏予定のはずの
「アルルの女」~ファランドーレを演奏しないで、
3回ほどカーテンコールに応じただけでさっと引き返した
フルネの厳しさが印象的でした・・・・
(何でアンコールにファランドーレを演奏すると予測できたかと言うと
 打楽器奏者の横でプロヴァンス太鼓が用意されていたからです・・)

Re: ぬくぬく先生様へ

こんばんは
寄港地いい曲ですよね。オーケストラでの生演奏はさぞ良かったでしょうね。吹奏楽では友人から借りて聴いた91年の近畿大学の演奏が凄く印象に残っています。上手かったですね。
コメントありがとうございました。

寄港地聴きました。

こんばんは。
寄港地、懐かしくて改めて聴きました。やはり久しぶりに聴いても良い曲ですね。思い出させてくれて、sankichiさんに感謝です。○○盤のもの、と、演奏家が入る場合は、皆さんどうやって聴いているのでしょう。youtubeでは聴けないですよね。CD買うしかないですか?

Re: hisakatano29様へ

こんばんは。
寄港地はエキゾチックさと控えめな情熱がなんともおしゃれで、いいですよね!。私はジャケットも含めて、そのアーティストの作品との思いが強いのでCD派なのですが、youtubeにも丸ごと一曲とか結構あるので、そちらでも結構楽しんだりしてます^^/
コメントありがとうございます。