尾高/札響のシベリウス 交響曲第3番

聴いている音楽(札響)
02 /27 2015
DSC02831_.jpg

最近夢中になっているディスクです。

■ シベリウス
  交響曲第3番 ハ長調 op.52

  
  指揮:尾高 忠明
  札幌交響楽団

 (fontec・2013年録音)

シベリウス生誕150年の3年がかりの定期演奏会の第1弾のライヴを中心とした録音です。中心としたというのは、ライナーノーツによると定期演奏会2日間とその前日の収録を音源としているためです。

1番と3番を収めたディスクですが、いやぁ、3番が・・・とてもいい!こんなにいい曲だったのですね・・・。

第1楽章は冒頭の低弦からマルカートで、しかも軽くアクセントを効かせています。ちょっとドイツ風の武骨で真面目な印象です。その後の進行も一点一点をカッチリ決めていって、北欧の雰囲気とは一線を画しているなあと、思っていたところ、終結部の澄んだ管楽器の響きで、まぎれもないシベリウスの世界に引き戻されたりします。

なかなか感動的でした。

木管楽器が大活躍する第2楽章、音色もテクニックも冴えています。ここはぐっと北欧の雰囲気ですね。第3楽章はホルンにもう少し勢いがほしい部分もありましたが、弦の透明感のある響きと、それが次第に盛り上がってくる曲のラストにかけて、音に身を浸しているのが本当に心地良かったです。録音もすこぶる良好。

この演奏会があった頃は単身赴任中で定期会員をお休みしていたのですが、このディスクを聴くとその場にいられなかったのが残念に思います。

1番の感想はまた後日。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

こんばんは

ナクソスで尾高忠明さんのCDが33タイトルも配信されているのには驚きました。大半がBBCウェールズ交響楽団との物ですがヨーロッパ、特にイギリスでの人気は高いようですね。
シベリウスの曲は配信されていなかったので、パーヴォ・ベルグルンド指揮/ヨーロッパ室内管弦楽団で聴いてみました。初めての第3番でしたが、第2楽章の木管楽器の活躍がとても良いなと思います。繰り返し聴いていたい名曲ですね。

Re: akifuyu102様へ

おはようございます。
尾高/BBCウェールズ響は、私が初めて聴いた外来オケなのです!91年の札幌公演。マーラーの5番。素晴らしかったです。ふと思うと尾高さんとは不思議な縁があるようです。
シベリウス3番、地味な存在ですが、いい曲ですよね^^/ 私も色々聴いていきたいと思っています。
コメントありがとうございました。