ブレンデルの「ジュノム」を聴く

聴いている音楽
08 /29 2013
今朝の気温は13.9℃。

寒くて目が覚めました。窓など開けていられません。いくら北海道でも少し寒すぎます。昼間は24℃ほどで、いい陽気です。昼食後の散歩が気持ちいいです。

さて、本日はコンナノを聴いていました。
ブレンデル・ジュノム
■ モーツァルト
  ピアノ協奏曲第9番「ジュノム」K.271
  指 揮:サー・チャールズ・マッケラス
  ピアノ:アルフレッド・ブレンデル
  スコットランド室内管弦楽団
  (PHILIPS 2001年録音)

愛らしい第1楽章、深遠な第2楽章、浮き立つような第3楽章。「ジュノム」は本当に素晴らしい曲です。故吉田秀和氏のお気に入りでもありました。

若々しく、キラキラした演奏が多い中、ブレンデルと、マッケラス率いるスコットランド室内管が競演したこのディスクは、派手さを抑え、全体的に渋くて、落ち着いた味わいの演奏になっていると思います。リズムの弾ませ方とか、強弱の振幅なんかの小さな差が印象の違いに結びついているのではないかと勝手に思っています。

第3楽章の冒頭など、プレストにしてはやや遅めのテンポで、はしゃがず、淡々とした感じで弾いているのをはじめて聴いたとき、逆に新鮮な印象を抱いたことをよく覚えています。両者の方向性が完全に一致した良い仕事という感じです。引退してしまったブレンデル。録音当時は70歳だったようです。

ところで、近年、自分の中ではハイドンブームで、モーツァルトを避けていたのですが、今回、第2楽章を聴いて、思わず唸ってしまいました・・・モーツァルトって、やっぱり凄い。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

第9番、聴いて見たくなりました。

sankichi1689さんの記事を読んでいて、むっちゃ聴きたくなって図書館に予約しました。クラウディオ・アバド指揮、ロンドン交響楽団、ピアノはルドルフ ゼルキンで予約取れました。

Re: 第9番、聴いて見たくなりました。

あのような稚拙な記事で…嬉しい限りです。ありがとうございます。ゼルキン私も聴いてみたいなあ

ジュノム

こんにちは。

田舎にいるもので、生を聞くことが少ない状況です。
その中で唯一モーツァルトのピアノ協奏曲を生で聞けたのが「ジュノム」です。そう意味で思い出の曲でもあります。

ホントいい曲ですね!

Re: ジュノム

よんちゃん さま
コメントありがとございます。
お返事遅くなりすいません。

ジュノムいい曲ですよね~
生で聴いたことがあるなんて、ホントうらやましい!
札響でもやってほしい~