アバド&ペライアのシューマン ピアノ協奏曲

聴いている音楽
02 /13 2015


最近聴いている音楽はこちら。マレイ・ペライアのピアノ、クラウディオ・アバド指揮のベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏によるシューマンのピアノ協奏曲 イ短調 作品54 です。ソニークラシカルの94年の録音。

この人のリリックなピアノは本当に素敵だと思います。ピアノで音が綺麗とか言っていいのかよくわからないのですが、私には綺麗に聴こえます。シューマンでも遺憾なく発揮されているようです。

オーケストラを手足のように操る柔軟性に富んだアバドの指揮は特に第2楽章なんかで、ピアノと一体になってロマンティックな情感を紡いでいてすごくいいですね。両端楽章のサウンドも軽すぎず重すぎず丁度いい感じです。

第1、第2楽章と聴いて、第3楽章の音の愉悦感に浸っていると、あぁ、ホントいい曲、いい演奏だなあと思わずにはいられません。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

 佳いCDの紹介、ありがとうございます。私も「音が綺麗」に同感です。若い頃のモーツァルトのコンチェルトのLPを私は大切に聴いてきました。特に17番18番は大好きで、何度もかけました。キラキラ輝いていて、それでいて柔らかな音色は、本当に痺れます。この人のシューマンなら、素晴らしいでしょう。俄然聴きたく思いました。
 私は残念ながら、まだこの人のピアノ実演を聴いたことがありません。実現させたいとは思うのですが。

マレイ・ペライアを知りませんでした(汗)

シューマンのピアノ協奏曲、ロマンチックで好きです。

タワレコオンラインで45秒の試聴を聴いてみると確かにキレイな音の片鱗が。
ナクソスを確認すると配信されておらず。で早速、我が図書館オンラインで検索。
へへへ、予約出来ました (^^)

Re: バルビ様へ

こんばんは
ペライアのモーツァルトいいですよね。ピアノ・コンチェルトは彼の演奏から入りました。私も実演を聴いたことがありません。生であのピアノを聴いてみたいものです。
コメントありがとうございます。

Re: akifuyu102様へ

こんばんは。
ブラームスの後にシューマンを聴くと、オーケストラの中に押し込められていたピアノの開放の喜びが伝わってくるようですね(笑)。ペライアの演奏を楽しんでみてください^^/
コメントありがとうございます。

こんばんは。

sankichi1689さん、こんばんは。

マレイ・ペライアの名前を久しぶりに聞きました。僕はショパンのピアノ協奏曲を初めて聞いたのがこの方の演奏でした。1度目のメータとの共演盤です。仰るとおり、とっても「綺麗」で粒の揃った音を奏でる人ですよね。なんだか久しぶりに聞きたくなりました。

Re: ばけぺん様へ

こんばんは。
> ショパンのピアノ協奏曲を初めて聞いたのがこの方の演奏でした。
ペライアにぴったりな感じですね。曲によって抜群の相性を発揮しますね、この人は。私はモーツァルトからでした。シューマンもとっても綺麗です。
コメントありがとうございました。