新旧交代

音楽
01 /23 2015


拙宅に札響会員ニュースレター冬号が届き、新聞報道にもありましたが、現・音楽監督の尾高忠明さんが4月から「名誉音楽監督」に、現・首席客演指揮者のラドミル・エリシュカさんが「名誉指揮者」にそれぞれ就任されることが記されていました。

尾高さんの名誉音楽監督就任は、功績を称えるとともに、共に歩んできた歴史を踏まえ、これからも関係を継続していくためとのことです。

そして同封の2015-2016シーズンの年間リーフレット(写真右)ではオピッツさん、ファウストさん、ホリガーさん、そしてアシュケナージさんら目玉アーティスト達とともに、次期首席指揮者のマックス・ポンマー氏が大きく表紙を飾っています。今シーズンのリーフレット(左)と比べて尾高さんの退任を実感しました。

まだまだ先ですが、札幌のクラシック音楽界は10年ぶりに動きのある春になりそうです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

次期首席指揮者に期待

sankichi1689さん、おはようございます。

マックス・ポンマー氏の下で札響の響きが一段と味わい深いものになる
ことを期待しています。

尾高さんの数々の輝かしい経歴を見て、これからも札響の発展に尽力して
ほしい方だなと思いました。名誉音楽監督就任。これは嬉しいニュースです。

Re: akifuyu102様へ

こんばんは
欧州の深い伝統のエッセンスのようなものを札響にも吹き込んでほしいですね。新たな出会いと深化に期待しています^^/
コメントありがとうございました。

 尾高さんの名誉音楽監督の就任、おめでとうございます。そしてポンマーさんの指揮、楽しみですね。
 自分の音楽ライフ手帳によると、私は、尾高さん+札幌響では、1997年と1999年にサントリーホールで聴いています。そのうち、清水和音さんソロのラフマニノフの3番のコンチェルトとショスタコーヴィチ5番は、素晴らしい演奏だったと記憶しています。
 ますますの札幌響の発展をお祈りします。北海道はまだ一度しか行ったことがありません。素晴らしいホールもあることですし、足を運んで是非また札幌響の演奏を聴いてみたいものです。
 札幌響、群響~その他の地方オケ、ガンバレ!

Re: バルビ様へ

おはようございます。
札響がどのような変化を見せるのか楽しみです^^/
音楽ライフ手帳いいですね。私はブログをはじめる前の演奏会体験の記憶があいまいになってきて・・・。東京公演をお聴きになったのですね。本州の方にも気に入ってもらえた演奏があって嬉しく思います。北海道にもまた是非いらしてください。各地方のオケがそれぞれに発展していくのは素晴らしいですよね。

ちなみに今年の札響東京公演は2/17(火)19:00~サントリーホールで尾高監督指揮でシベリウスの5,6,7番です。
コメントありがとうございました。