アーノンクールのシューベルト 第2交響曲

聴いている音楽
01 /02 2015
DSC_1045.jpg

元日に円山方面に行きましたら、北海道神宮の近くで交通規制が敷かれていました。三が日で80万人が参拝する見込みとのことで、警察の皆さんお疲れ様です。

私は人ごみがあまり好きではないので、近所の神社でテキトーにすませました。

午後からは雲も取れて日差しがいっぱい、燦々という言い方がぴったりの天気に。音楽はシューベルトの第2交響曲を聴きました。アーノンクール&ロイヤルコンセルトヘボウ管による演奏。TERDEC・92年の録音です。

ヴォルフガング・ザイフェルト 著・根岸一美 訳の 『 ギュンター・ヴァント 音楽への孤高の奉仕と不断の闘い 』 (音楽之友社) という評伝の中のには、コラム的にヴァントさん自身の話が挿入されているのですが、その中で第2交響曲の第2楽章について、 『 大地を歩んでいくような気分になる 』 (p389) とおっしゃっています。

まことに愛らしい曲で、私も大好きなのです。
アーノンクールの演奏では第3楽章メヌエットでの短調の主部のパリッとした冴えと牧歌的なトリオとの対比なんかも素敵だと感じています。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

 明けましておめでとうございます。sankichi1689さんにとって、今年が本当に良い年でありますように!
 アーノンクールさんのことは、多分私は食わず嫌いなのだと思います。その昔、モーツァルトのオペラを聴いて「自分には合わない」と思ったきり、全く彼の指揮を聴いていません。もしかすると、本当は一番好きな指揮者なのかも知れないのに。往々にして、そういうことはよくありがちですからね。

 昨日、「世界で一番早いニューイヤーコンサート」(だと思います)の群響によるニューイヤーコンサートに行ってきました。楽しみました。元日にニューイヤーをやるようになって25年経ちました。

Re: バルビ様へ

こんにちは。本年もよろしくお願いいたします。バルビさんにとりましても良いお年でありますように。
食わず嫌い指揮者、私もありますね。テンシュテットとか・・(笑)時間とお金に限りがありますので。。

群響元日コンサートはじめて知りました。25年とは歴史を感じます。バルトークやスッペなんかも演奏されたのですね、楽しそうです!
コメントありがとうございました。

初めて2番を聴きました (^^)

こんにちは (^^)
シューベルトは「未完成」と「ザ・グレート」しか聴いたことがなかったのですが
今日初めて第2番を聴いてみました。ヘルベルト・ブロムシュテット指揮のシュターツカペレ・ドレスデン(1980年録音)の演奏で聴いたのですがとても良かったです。特に2楽章、3楽章が好きになりました。シューベルトが18歳でこの曲を作曲したとは本当に驚きです。天才ですね。
好きな曲がまた一つ増えました。ありがとうございました。

Re: akifuyu102様へ

こんにちは
お聴きになりましたか、いい曲ですよね。新たな曲を知る何かのきっかけになれて嬉しく思います^^
コメントありがとうございます。