振り返り

雑記
12 /30 2014
DSC00126_convert_20141230010702.jpg

2014年はまずますの一年でした。

まず健康で過ごせました。

単身赴任が終了しました。

そのおかげで、札響定期会員に復帰して素晴らしい音楽をたくさん聴けました。ヴェルディのレクィエム、エリシュカさんの悲愴・魔弾の射手、伊福部昭や早坂文雄も良かった!そうそうN響の 『ロマンティック』 やBCJの 『メサイア』 も心に残る演奏でした。

古い友人二人に数年ぶりで会えました。一人は海外赴任から帰国して7年ぶり、もう一人は5年ぶりぐらいでしょうか。元気そうで何よりでした。

本は週1冊ペースで読みました。読んだ本の内訳はノンフィクションが65%ぐらいで、歴史宗教関連の本をよく読みました。

面白かった本は、そうですねぇ、中村うさぎ・佐藤優著 『聖書を語る』 とかでしょうか。カルヴァン派の佐藤さんと、バブテスト派の中村さんの対談形式で書かれていて読みやすいですし、世界観が随分違っていて興味深かったです。

あとは高良倉吉著 『アジアのなかの琉球王国』 。内容も平易で沖縄史の入門的な感じで気軽に読めました。

映画は見た本数はわずかですが、 『超高速!参勤交代』 のエンターテイメント性に心惹かれるものがありました。今思い出しても面白い・・・。

まあ、こんなところでしょうか。

上の写真は今年開業100年周年を迎えた東京駅の八角形ドーム。1月の上京の際に撮ったものです。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 はじめまして。バルビと申します。素敵なブログですね。音楽を愛する者として、とても羨ましく思います。札幌響定期会員として楽しまれているとのこと、何よりです。私の地元にも地方オーケストラである群響があります。私も定期会員としてオーケストラ音楽を楽しんでいます。
 札幌響の演奏には、過去2度接しています。15,6年ほど前になりますが、東京公演で、尾高さんの指揮、チャイコフスキーやラフマニノフ、ショスタコーヴィチの曲などの熱演を披露してうれたことを覚えています。最近、エリシュカさん指揮の『我が祖国』を買いました。素晴らしいです。
 群響も来年、創立70周年を迎え、益々の飛躍の年となりそうです。かたや、札幌響さんの発展を祈念しています。お互いに、地元のオーケストラを存分に聴き、地方文化の発展に貢献しようではありませんか。

Re: バルビ様へ

こんばんは。拙ブログにご訪問いただきありがとうございます。

音楽のことなどわかっちゃいないのですが、地元オケを大切にしようとの思いから札響定期に通っている次第です。仰るとおり地元オケを存分に聴き、私も楽しみながら貢献したいと考えています。

群響さん70周年とは歴史の重みを感じますね!密かに興味を持っていて上京の度に機会をうかがっているのですが・・・是非聴いてみたいオケですね^^/

オォー!充実の一年

sankichi1689さんはこの一年、とても充実した年だったようですね、
羨ましい限りです。それに比べ私などはこの一年、ほぼ惰性で生きて
おりました。sankichi1689さんを見習い、来年は充実した年になるよう
頑張ります。いやぁ~、良い刺激を頂きました。

Re: akifuyu102様へ

まずまずの一年とは可もなく不可もない平凡なという意味ぐらいで・・・
でもそれが一番かも(笑)
私の方こそ色々な方のブログを拝見させていただき刺激を得た一年でもありました^^/
コメントありがとうございます。

こんにちは。

中村うさぎ・佐藤優著 『聖書を語る』 は、僕も読みました。
タイトルから予想したことと実際とずいぶん違ったのが印象的です。
本音トークの部分など、聖職者同志の対談本ではあり得ないだろうなと思いました。

Re: よんちゃん様へ

こんばんは
> 本音トークの部分など、聖職者同志の対談本ではあり得ないだろうなと思いました。
ざっくばらんなやりとりは私にとっては入っていきやすいものがありました。最初の方に中村さんが「『天国のノート』なんてないからっ!本気で信じてるのっ?」なんてくだりもあったり。
佐藤さんの著書では「サバイバル宗教論」なども色々気づかされて興味深かったですね。
コメントありがとうございます。