マゼールの 「ローマの祭り」

聴いている音楽
12 /29 2014
マゼール「祭り」20141228

週間天気予報を見ると今週はどうやら気温は高めで、先週から一転して最高気温はずっとプラスのようです。

休みに入って家の雑事以外は特にやることもないので音楽鑑賞の時間が結構とれます。

というわけで少し前に中古で買った マゼール/ピッツバーグ響のレスピーギの交響詩 「ローマの祭り」 を楽しんでいました。SONY CLASSICALで1994年の録音のようです。

「祭り」 は吹奏楽でいやというほど聴きましたが、一大スペクタクルのようなスケールの大きさが魅力で、どこをとっても楽しいことこの上ないと感じています。そして 「主顕祭」 は盛り上がりますしね。

マゼールの演奏はどことなく大らかさを感じさせる余裕のある演奏かと感じました。 「主顕祭」 の終わりは煽ることなく堂々たるテンポです。この感じはわりと気に入りました。

あと感じたのは、金管はかなりはっきり、生々しく響かせています。 「チルチェンセス」 の中間から最後にかけてや 「50年祭」 の最後の方で特にそのように思いました。

久しぶりに聴きましたが、いいですねぇ「祭り」。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

おはようございます。

大阪は先ほどまで降っていた雨もやみ、回復傾向、明日の夜まで良い天気が続きそうで、大掃除日和になりそうです。

「ローマの祭り」は吹奏楽コンクールでは上位入賞の定番曲ですね。ホントにこの曲は吹奏楽での演奏に向いていますよね。オケで聴いているのに、ふと吹奏楽で聴いていたっけ? なんて思ったりするほどです(^^)

Re: akifuyu102様へ

おはようございます。
いい天気で何よりです^^/ こちらも良い天気です^^/
仰るとおり「祭り」は定番曲ですよね。私の現役時代は縁がありませんでした。やってみたかったなぁ。久しぶりに聴いてみましたが、ストレートに楽しめる一曲ですねっ。
コメントありがとうございました。

ローマの祭り

マゼールの「ローマの祭り」ですか・・・・
意外かもしれませんが、マゼール指揮とかデュトワ指揮/モントリオール響の演奏は、確かに色彩感豊かなのですけど
音量的に、エネルギー的に「ドッカーン!!」みたいな演奏ではないので
吹奏楽版の「ローマの祭り」に耳が慣れてしまうと
少し物足りないかも・・・・
ま、これも吹奏楽コンクールのあの派手な「ローマの祭り」に毒されている証拠なのかも・・・・??
吹奏楽版では、個人的には83年の高岡商業と96年の愛工大名電と92年の東海大学第四高校の演奏が特に好きです。

オケ版では・・・・

パティス指揮/ロイヤルフィルとトゥルトゥリエ指揮/フィルハーモニア管
がお気に入りです・・・

Re: ぬくぬく先生様へ

おはようございます。
> 吹奏楽版の「ローマの祭り」に耳が慣れてしまうと
> 少し物足りないかも・・・・
いやはや、そうかもしれませんね。私もオケ版は総じてお上品に聴こえてくる感はあります(笑)
ご推薦盤は今後図書館にあったら借りてみようと思います。
コメントありがとうございます。