ドリーブのバレエ音楽集

聴いている音楽
11 /21 2014
DSC02284_.jpg

札幌は日も短く、本格的な積雪前でとにかく街が暗い日々ですが、今週はフランスのバレエ音楽を楽しんでおりました。

■ ドリーブ バレエ音楽集
  バレエ音楽「コッペリア」
  バレエ音楽「シルヴィア」
  バレエ組曲「泉」
  付随音楽「逸楽の王」
  歌劇「カッシア」よりトレパック

  指揮:オンドレイ・レナールト
  スロヴァキア放送交響楽団

 (NAXOS・1988/89年録音)

「コッペリア」は、マズルカ~ワルツ~チャルダッシュの抜粋で吹奏楽でもよく演奏されますが、このディスクでは、①スラブの主題と変奏曲、②鐘の祭りと時の踊り、③夜想曲、④自動人形の音楽とワルツ、⑤チャルダッシュの5曲による組曲となっていて、マズルカは入っていません。

カラヤン盤などは①前奏曲とマズルカ、②情景とスワニルダの円舞曲、③チャルダッシュ、④情景と人形の円舞曲、⑤バラード、⑥スラブの民謡と変奏曲の6曲となっていて構成や曲順が違っているようです。特に「スラブの主題(民謡)と変奏曲」は、片やプロローグ的、片やエピローグ的な配置構成となっていて面白いですね。

それはそうと、ドリーブはいいですね! 聴いていると心が晴れてきます!

コッペリアの「ワルツ」はもちろんのこと、今回一番嵌ったのは久しぶりに聴いたシルヴィアの「バッカスの行列」でしょうか(笑)。まさに小品の楽しさ、ここに極めりという感じです! あとは「逸楽の王」も上品な古典舞踊の曲集となっていて、とても良い感じです。

スロヴァキア放送交響楽団というのは初めて聴きましたが、録音会場のブラチスラヴァのチェコスロヴァキア放送コンサートホールの豊かな響きにも支えられ、非常に綺麗な音を出すオーケストラという印象です。スロヴァキア出身のレナールトの表現も実に軽やかで、低音が薄く聴こえる部分もありますが、バレエ音楽では逆にぴったりな感じです。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ドリーブのバレエ曲、最高!

sankichi1689さん、おはようございます。

バッカスの行列は吹奏楽やってる時に演奏しました。とても懐かしいです。
図書館の「ナクソス・ミュージック・ライブラリー」で聴いてみました。
未だ部分的にしか聴けていませんが、この「シルヴィア」、良いですね~。
冒頭の前奏曲からしてもう嵌ること間違いなしですよ。素敵な曲のご紹介、
ありがとうございました。

Re: akifuyu102様へ

こんばんは
そうですか、バッカスやりましたか!これは羨ましい!
久しぶりに聴きましたが、いい曲ですよね。なかなか楽しめました^^/
コメントありがとうございました。

ドリーブのバレエ音楽

いい曲ですね。スロヴァキア放送交響楽団の演奏も、良かったです。そういえば、だいぶ前に「シルヴィア」の記事を書いたことがあるなあと探して見たら、ありました。2007年の1月(^o^)/
もう7年以上前のことになるのですね!わーお、あらためて、時の経つのがはやいです…
http://blog.goo.ne.jp/narkejp/e/96e8fc62efb2060782b0bd537cc66c0c

Re: narkejp様へ

こんにちは。
記事拝見させていただきました。同じディスクですねっ。いい曲、いい演奏だと思います。私は学生時代に吹奏楽をやっておりましたが、この曲には縁がありませんでした。う~ん是非やってみたかった^^/
コメントありがとうございます。