うぐいす

コンサート(その他)
11 /17 2014
鳥ではなくて、武鹿悦子作詞、木下牧子作曲の合唱曲です。

日曜日に行ったHBC少年少女合唱団第48回定期演奏会の中で演奏された一曲。

2分程の短い短い曲です。

季節外れですが、早春の一瞬を切り取ったような詩と音楽、小学生の澄んだ歌声で聴き入ってしまいました。とても、とてもよかったです。

うぐいすの こえ 
すきとおる
はるのつめたさ 
におわせて

うぐいすの こえ 
すきとおる
うちゅうが 一しゅん 
しん、とする

( 「うぐいす」 武鹿 悦子 )



同団のシニアクラス(中1~高3)は来週、コンクールの全国大会だそうで、課題曲と自由曲が披露されていました。自由曲2曲は無伴奏の外国語による作品。なかなか本格的で精緻な演奏で、こちらも素晴らしかったです。週2回の練習でこのレベルに到達するのは容易ではないのでしょうね。全力を出し切っていただきたいものです。

開演前のロビーでのウェルカムコンサートのほか、全体合唱、企画ステージなど楽しい演奏会の最後の方には、本公演で卒団する高3生6人が紹介され、その6人だけの演奏もありました。その際、ステージ上で聴いている在団員が涙をこらえきれずにいた姿が印象的でした。

1957年創立の同団は札響ともたびたび共演しています。(近年では2010年マーラー3番、2013年戦争レクイエム)ますますの発展を祈りたいと思います。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

頑張れ!

おはようございます。^^
木下牧子さんの曲は私も好きです。
若い頃のオーケストラ曲よりも、合唱などの小品に佳作が多いと思います。
うぐいす、いいですよね。(^^)
小学生の澄んだ歌声、聞こえるようです。^^
何よりも、この合唱団へのsankichi1689さんの愛情が感じられる記事、そこに心動かされました。

Re: ★赤影★様へ

こんばんは。
お返事遅くなりました。わぁ、木下牧子さんの曲ご存じなのですねっ。
仰るとおり、とてもとても素晴らしい曲です。
人の心をふっ動かすのには大編成、大音量の大曲ばかりではないですよね^^/
道内では知られた合唱団ですが、これからも応援していきたいと思います。
コメントありがとうございます。