スラットキンのエルガー 交響曲第1番

聴いている音楽
11 /07 2014
このところ夢中で聴いている曲はエルガーです。1月に買った「Leonard Slatkin conducts Elgar」からの一枚。

■ エルガー  
  交響曲第1番 変イ長調 作品55

  指揮:レナード・スラットキン
  ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団

 (SONY CLASSICAL ・ 1989年録音)

DSC02260.jpg

20代にバルビローリの録音を聴いたことがありましたが、長くて面白くない曲との印象を持ち、敬遠しておりました。今ではエルガー一流の気品に溢れつつ、重厚さも兼ね備えた傑作だと感じるようになりました。

この間、日本人初のエルガー・メダル受賞者となった尾高さんが札響の音楽監督になり、何回か演奏されたましたが、すべてスルー。なぜ、この曲の素晴らしさに気が付かなかったのでしょう。今となっては痛恨の極みとしかいいようがありません。CD(交響曲第1番、3番)が発売されているので、いずれ買いたいと思います。

エルガーらしい序奏、ロマンティックな第3楽章、演奏効果抜群の全曲のラストと聴きどころも満載な中、唯一、第1楽章の序奏に続くAllegro部分、重厚感はあるものの、ドイツ音楽のように理屈っぽく展開するところに取っつきにくさも感じます。私は後半の二つの楽章を好んで聴いています。

演奏の方はスラットキンの統率が行き届いていて、アンサンブルが極上。金管は軽めの響きですが、鳴りっぷりが良く、弦や木管は美しい響きで曲の上品さを保ちつつ、のびのび演奏している感じです。まさにお国ものですね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

こんばんは。

エルガーの交響曲は未だ聴いたことがないのです。
英国的気品に溢れ、重厚さも兼ね備えた傑作、それにロマンチックな3楽章....なのですね。
俄然興味が湧いてきました。早速、今、図書館に予約入れちゃいました (^^)

ジュゼッペ・シノーポリ指揮/フィルハーモニア管弦楽団のものがありました。
交響曲第1番に加えて、行進曲「威風堂々」の第1番と第4番が入っています。
楽しみです (^^)

Re: akifuyu102様へ

こんばんは。
興味を持っていただけて幸いです。シノーポリ盤楽しんでみてください。威風堂々良い曲ですよね。1番、4番ともに学生時代の演奏会でもやったので良い思い出となっております^^/
コメントありがとうございました。