弘前旅行

雑記
10 /09 2014
コンサートの前後は、弘前とその周辺をブラブラ観光。

1日目。盛美園まで足を伸ばしてみようと、JRの駅に併設している弘南鉄道というローカル私鉄の切符売り場に行くと、他の観光客が「たんぼアート」という言葉を発しているのを耳に。沿線にあるようなので行ってみました。

2両編成の車輛は、東急さんのお下がりでしょうか、釣り革には「Shibuya109」と・・・。乗ること20分、ずばり「たんぼアート」駅に到着。弘南鉄道さん2013年に駅まで造ってしまったようです。遠くに見える櫓から眺めます。
DSC02095.jpg

会場は2か所あるようですが、時間がなく私はここだけ。稲の種類分けで描くのですね。
DSC02092.jpg

再び弘南鉄道で弘前方向に戻り「津軽尾上」駅で下車、徒歩10分のところにある「盛美園」へ。ここにある1階が和風、2階が洋風の洋館は「借り暮らしのアリエッティ」の家のモデルになったようです。
DSC02104.jpg

弘前に戻りホテルで一休み。夕方、街をブラブラ、洋館を眺めながらコンサート会場に向かいます。

弘前の洋館の多くは堀江佐吉というひとの兄弟や子供たちが造ったようですが、ウィキペディアによりますと堀江は弘前藩の御用大工で専門の洋風建築を学んだことはないが、開拓使の仕事で渡った札幌や函館で洋風建築を研究したのではとありました。

旧第五十九銀行本店本館(青森銀行記念館)
DSC02142.jpg

日本キリスト教団弘前教会。東北最古のプロテスタント教会だそうです。
DSC02137.jpg

カトリック弘前教会。
DSC02139.jpg

旧弘前市立図書館。
これは抜群にオシャレでした!左右の八角形のドームが特徴です。かつては下宿屋や喫茶店としても使われたようです。
DSC02154.jpg

コンサートの帰り道に見た日本聖公会弘前昇天教会。英国国教会系の教会だそうです。教会どこでもそうですが、幼稚園なんかが併設されていて、ちゃんと日常の一部になっているところが見ていてホッとしました。絶好の撮影ポイントに「園児募集!」の看板があったり(笑)。でもそれがいいですよね。
DSC02172.jpg

2日目。早朝、ホテルのカーテンを開けると、前日は山頂が雲に覆われていた津軽富士「岩木山」が雄姿を見せてくれました。これは思わず、おーっと声が出るほど美しったですね。
DSC02176.jpg

午前中しか時間がなかったのでとにかく弘前城へ。

小ぶりですが、現存12天守ということで貴重なもののようです。今秋から天守を曳家の上、100年ぶりの石垣修復がはじまり、次にこのショットを観られるのは10年後のことだそうです。
DSC02202.jpg

帰路は空路で。写真は下北半島東端の様子。右上が尻屋崎。真ん中は旧大畑町の漁港でしょう。このほかむつ市や恐山も良く見えました。
DSC02217.jpg

以上、車中泊含む2泊3日の弘前小旅行でした。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

素敵な小旅行ですね!

sankichi1689さん、こんばんは。

「寝台列車で歴史ある街を訪れてコンサートを聴く。」って、すごい素敵な小旅行ですねえ!そういうことしてみたいと頭では思っても私は実行力がなくてぜんぜんダメです。。。

それにしても弘前というのは風光明媚な街なんですね。山があって城があって、さらに歴史的な建造物がこんなにあるなんて。国内も良いところがたくさんありますね。

Re: ばけぺん様へ

おはようございます。
私も先にも書きましたとおり列車廃止の噂もあるものですから、最後のチャンスかなと思いまして。。。寝台は時間を有効に使える利点がありますね。弘前は和と洋を感じることができてなかなか好きな街です。前回行ったのは15年前、桜の季節でした。弘前桜祭りもお薦めですよ。
コメントありがとうございました。