デュトワのビゼー 「アルルの女」

聴いている音楽
09 /14 2014
DSC01809.jpg

シャルル・デュトワ指揮、モントリオール交響楽団の演奏でビゼーの「アルルの女」第1組曲、第2組曲を聴いています(DECCA・1986年録音)。フランス物に定評があって廉価版のカタログに載りつづけているのに実は聴いたことがなかったのです。

終始弦を軽やかに演奏することはもちろん、「カリヨン」のホルンや、「ファランドール」のトロンボーンまで徹底されているようです。「パストラール」や「ファランドール」で聴ける濁りのない澄んだアンサンブルもとても素敵ですし、第2組曲の「メヌエット」で聴こえるフルートがとにかく上手い!

通俗名曲の代名詞のような曲ですが、私は陰影に富んだ第2組曲の方を好みます。

ビゼー(1838-1875)が1872年に作曲した27曲から成る劇音楽は、アルルの女に心を奪われた主人公フレデリの嫉妬が招く悲劇ですが、第1組曲は同年ビゼー自身が組曲としましたが、第2組曲はビゼーの死後に、親友のエルネスト・ギローが編曲したものです。

ギローとはどのような人物だったのでしょう。ウィキペディアを見ましたら、1837年アメリカのニューオリンズに生まれ、52年にフランスに移住。ビゼーの死後の76年にパリ音楽院の教授に就任しているようで、ドビュッシーやデュカスを指導したとありました。なるほど相当な実力者だったのですね。

ちなみにルイジアナは1803年にアメリカがフランスから買収しているようです。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

モントリオール響の美しき響き

sankichi1689さん、おはようございます。

シャルル・デュトワ/モントリオール響の「アルルの女」、いやぁ~良さそうですね。
この曲は中高時代にLP盤(オーマンディ)で良く聴いていましたが、その後、CD盤では持っていなかったので、もう随分と聴いていないです。
購入して愛聴盤にしたいと思います。ご紹介ありがとうございました。

Re: akifuyu102様へ

こんにちは。
私はオーマンディ盤は聴いたことがありませんが、イメージは明るく、ゴージャスな感じですね。興味をそそられました。この手の曲も真剣に聴くと意外な発見があって面白いですよね。
コメントありがとうございます。

こんばんは。

sankichi1689さん、こんばんは。

「アルルの女」、第一組曲はよく聴きますが、第二組曲はどんな曲だったかパッと思いつきません。ギローという編曲者の方の経歴を聞くと興味が湧きます。

「アルルの女」第一組曲はパレーがデトロイト響を指揮した演奏がとても良かったです。有名すぎて軽く扱われがちですが、とっても良い曲ですね。

Re: ばけぺん様へ

こんばんは。確かに名曲になればなるほど、軽く扱われる傾向はあるかもしれませんね。
第2組曲はファランドールがおそらく有名でたぶん耳にしたことはあろうかと思われます。パレー/デトロイト響は名盤といわれるシューマンをタワレコ復刻で聴いたのですが、ピンとこなくてそれ以来疎遠です。このコンビに再挑戦してみます。
コメントありがとうございます。