堤/札響のチャイコフスキー 交響曲第5番

聴いている音楽(札響)
08 /30 2014
ずいぶん涼しくなりました。今週の札幌、夏日すらほとんどなく、朝方は14℃なんて日も。意外に暑すぎない、普通の夏だったような・・・。そんな少し秋の気配の中、最近はチャイコフスキーを聴いておりました。

 

■  チャイコフスキー
  交響曲第5番 ホ短調 作品64

  指揮:堤 俊作
  札幌交響楽団

 (東芝EMI ・ 1988年ライヴ録音) 
 
指揮者、堤俊作氏が亡くなって9月1日で1年になります。

堤氏は1947年大阪生まれ。78年にジュネーブ国際コンクール指揮部門での優勝などを経て、88年から92年まで札響の専属指揮者をつとめました。 一方、75年に東京シティフィルを創設。同団の永久桂冠指揮者とされています。

DSC01632.jpg 

このディスクは、何か月も前に中古CDショップで買ったものですが、88年5月の北海道厚生年金会館での第292回定期演奏会のライブ録音ということで、現時点で、私が持っている札響のディスクでは最も古いものとなります。

演奏はというと、楽団創設から30年もたっておらず、正直どうかな・・・なんて思いましたが(失礼)、全くの杞憂でした。澄んだ弦楽器と安定した管楽器に支えられたのびのびと美しいチャイコフスキーだと感じました。 第2楽章の管楽器のソロも上手いですし、両端楽章の力感もまずまずで 、大いに楽しめる一枚となりました。

全体的に端正な表現の中にあって、第4楽章の最後、コーダに入る手前、かなりテンポを落として一音一音刻み付けるように演奏しているのは面白かったです。

なお、ライナーノーツには、お亡くなりになられました高円宮憲仁殿下が88年6月に北海新聞にご寄稿された記事が載せられています。 


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

こんにちは。

sankichi1689さん、こんにちは。

14度ですか。北海道はもう秋ですね。関東もめっきり涼しくなり長袖の人も増えました。涼しくなったせいか、私も今週はロストロポーヴィチの演奏でチャイコフスキーの5番を聴きました。何度聴いても堂々とした良い曲ですね。

堤俊介さんの指揮でアマチュアの俊友会管弦楽団がウィーンで演奏したブルックナーの8番をYou Tubeで聴いたことがあるのですが、アマチュアでここまでできるのか!と感動しました。まだ若くして亡くなったんですねえ。残念。

Re: ばけぺん様へ

> 私も今週はロストロポーヴィチの演奏でチャイコフスキーの5番を聴きました。何度聴いても堂々とした良い曲ですね。

同感です。何度聴いてもいい曲だなあと思いますね。

堤さんのそのような活動があったのですね。決して派手な感じではなかったように思われますが、全力で取り組むタイプだったのですね。コメントありがとうございます。

sankichi1689さん、こんにちは。

大阪も最低気温が22℃前後に下がり朝夕は涼しくなりました。関西の8月の日照時間は平年の半分、逆に降雨量は5倍と言うことで、異常な8月でした。
チャイコフスキーの5番は私も大好きな交響曲です。いつ聴いても、何度聴いても飽きることがないですね。
堤さんが指揮した演奏は聴いたことがないのですが何かとても良いディスクを手に入れられたように思います。
復刻版が出るのを期待したいですね。

Re: akkifuyu102様へ

こんばんは。チャイコフスキーの5番、ほんといい曲ですよね。私も堤さんははじめて聴きましたが、非常に緻密に作り上げる方のようで好印象を持ちました。

西日本は雨が多かったのですね。少し涼しくなったようで何よりです。お体くれぐれもご自愛ください。