カラヤンのブルックナー 交響曲第2番を聴く

聴いている音楽
08 /10 2014
「レコード芸術」8月号の特集記事は、『名曲名盤500』。

複数の評論家の方によるチョイスですが、立ち読みして、ちょっと驚きました。ブルックナーの交響曲の多くの曲でヴァントが1位をとっている中で、2番はこのカラヤン盤だったのです。

■ ブルックナー 
  交響曲第2番ハ短調(1877年ノヴァーク版)

  指揮:ヘルベルト・フォン・カラヤン
  ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

  (DG・1980,81年録音)

DSC01457.jpg

オルガー・マチスによる統一感のある羽根のジャケット写真が秀逸なカラヤン/BPOによる全集。

話をしていても、「ああ、あの羽根のジャケットの・・・」とイメージされるのは素晴らしいことです。ジャケットも含めてアーティストの生み出した作品ですね。

初期のシンフォニーは、全集のためのやっつけ仕事みたいな記事もたまに見かけますが、私レベルの人間からすると、カラヤンのコントロールが隅々まできっちり行き届いていて、アンサンブル、バランス、音色など感心するばかりの出来だと思います。

第2楽章のカラヤン美学によって引き出された耽美的とも言える味わいは、このディスクの白眉でしょうか。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

1番がヴァントで2番がカラヤンですか。
うーん、さっそく両方聴いてみましょう。
ヴァントはブルックナーもベートーヴェンも見事ですね。

Re: よし様へ

こんにちは。
> ヴァントはブルックナーもベートーヴェンも見事ですね。

ヴァントのじっくり解釈を詰める職人芸は時に息苦しい感じもありますが、自信をもって録音している様子が伝わってきます。
カラヤンのブルックナーは、最晩年のVPOとの7,8番が注目されがちですが、全集の仕事も出来は高水準だと思います。
コメントありがとうございます。

こんばんは。

sankichi1689さん、こんばんは。

「名曲名盤500」の2回目なのでレコ芸買わなくちゃと思っていたのですが、なんと地元の書店も実家のそばの書店も売り切れなんですよ。田舎は入荷数も少ないので常連さんがすぐ買ってしまうのでしょうか。

ブルックナーの交響曲でカラヤンが一位を取るとは!でも世評は芳しくないですけど、やっぱりしっかり良い仕事をしてますよね。レコード探しているのですが、さっぱり見つかりません。

Re: ばけぺん様へ

こんばんは。

>なんと地元の書店も実家のそばの書店も売り切れなんですよ。
あらら、残念ですね。いずれMOOKの形で発売されますよね。

> ブルックナーの交響曲でカラヤンが一位を取るとは!でも世評は芳しくないですけど、やっぱりしっかり良い仕事をしてますよね。レコード探しているのですが、さっぱり見つかりません。

カラヤン盤は本当にしっかり弾き切っています。素晴らしいと感じました。フィルハーモニーでの録音ですが、今一つ音の広がりを欠くような気もします。レコードではどうでしょうか。見つかるといいですねぇ。

コメントありがとうございました。