マゼール/ピッツバーグ響のシベリウス 交響曲第5番を聴く

聴いている音楽
07 /26 2014
朝の地下鉄がすきました。学生さんたちが夏休みに入ったのでしょう。

そして過日は車内で過呼吸というのでしょうか、体調が急変した若い娘さんがいて騒然となったのですが、幸い乗り合わせていた若いお医者さん?が応急対応をしたうえで、次の駅で一緒に降りて行きました。大事ないといいのですが・・・。

ああいうのを見ると、専門職への尊敬の念を新たにします。自分の仕事へのモチベーションにしましょう。

まあ、色々あった一週間でしたが、通勤の音楽は先日亡くなったマゼールのシベリウスを聴いていました。氏を偲んで何か聴いたことのないものをと思い立ち中古CDショップで500円で購入したものです。

マゼールは1988年から1996年まで、米国ペンシルベニア州のオケ、ピッツバーグ交響楽団の音楽監督をつとめました。そういえば、氏はピッツバーグ大学の卒業なのですね。

■ シベリウス
 交響曲第5番変ホ長調作品82

 指揮:ロリン・マゼール
 ピッツバーグ交響楽団
 (SONY CLASSICAL・1990年録音)

DSC01336.jpg

何気なくサラサラ進むところがある一方で、ところどころでアクの強い濃厚な表現もあったりするのがマゼールらしいところでしょうか。第1楽章の終結部でのホルンを強奏させて描く立体感!とても気に入りました。

全体的に輪郭のはっきり、くっきりしたシベリウスで好印象を持ちました。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

マゼールがウィーンフィルと録音したシベリウスが私の刷り込みですが、このピッツバーグとの演奏も北欧風とは言えませんがダイナミックで結構気に入っています。
いずれ記事にしようと思っています。

Re: よし様へ

仰るとおり北欧的な演奏とは一線を画していますが、男性的な力強さはなかなかですね。

> いずれ記事にしようと思っています。
楽しみにしています(^^)/

コメントありがとうございます