札響第570回定期 尾高指揮 ヴェルディ「レクイエム」

音楽鑑賞
06 /29 2014
■札幌交響楽団第570回定期演奏会

ヴェルディ:レクイエム

指揮:尾高 忠明
ソプラノ:安藤赴美子  メゾ・ソプラノ:加納悦子
テノール:吉田浩之  バリトン:福島明也
合唱:札響合唱団、札幌放送合唱団、ウィスティリアアンサンブル、どさんこコラリアーズ

2014年6月28日(土)14:00~
札幌コンサートホールkitara

----------------------------

開演30分前のロビーコンサートはヴァイオリンの渡邊俊和さんの演奏でバッハの無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ第1番よりアダージョとフーガ。つい先日まで私が聴いていた曲ではありませんか。なんてラッキー!とホワイエ2階からしっかりと聴かせていただきました。最初の一音でふと空気がひんやりするのはバッハの音楽の力でしょうか。

札響は、2006年の札響合唱団の設立以後、年末の第九に加え、定期演奏会に必ず声楽入りの大曲がプログラミングされています。
2007年 マーラー「復活」
2008年 ブリテン「ピーター・グライムズ」
2009年 オルフ「カルミナ・ブラーナ」
2010年 デュリュフレ「レクィエム」
2011年 ドヴォルザーク「スターバト・マーテル」
2012年 ベートーヴェン「ミサ・ソレムニス」
2013年 ブリテン「戦争レクィエム」
こうやって見るとなかなか壮観ではありませんか。そして今年はヴェルディです。

配置はステージ向かって左から、第1ヴァイオリン、第2ヴァイオリン、チェロ、ヴィオラ、右後方にコントラバス。
弦の後方にフルート、オーボエ、クラリネット、ファゴット、ホルンなどが2列で置かれ、その後ろはバスドラム、ティンパニ、トランペット、トロンボーン。オケの後方のひな壇に4人のソリストと合唱団となっていました。

さて、感想文の方はというと、いつもどおり『良かったです』しかありませんが(笑)、まあ、なんていうんでしょうか、こうやってあらためて聴きますと実にドラマティックで起伏に富み、ヴェルディの才能をいやというほど感じずにはいられない曲です。特に「怒りの日」では、オケ&合唱の迫力、それから4人のソリストにそれぞれ見せ場があって、飽きるということがありません。インジェミスコからコンフターティスを経てラクリモーザあたりは全曲の中でもすごく好きな部分ですね。

尾高さんの指揮で今回興味深かったのは、激しい部分でも急き立てるような感じではなく、実に鷹揚とした指揮ぶりだったことでしょうか。オケも合唱も硬くなることなくのびのびと、それでいて指示にきっちりと反応した集中力の高い好演だったと思います。

4人のソリストは歌い方にクセがないうえに、バランスも良くて音楽に集中できましたし、ピアノで重唱する部分などは、繊細の極み、息もぴったりで、本当に美しかったです。余談ですが、ソプラノの安藤さんは札幌出身だそうです。

なお、「怒りの日」での死者も甦るバスドラムの強打は私のところまで振動が伝わってきましたし、トゥーバ・ミルム(くすしきラッパの音)では、ステージ後方にバンダが二隊配置され、立体的な音の響きだけでなく視覚的にも楽しめたのはコンサートならではの贅沢です。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

こんばんは。

sankichi1689さん、こんばんは。

ヴェルディのレクイエムとは本当に大曲ですね。コンサートに行くと何気ない曲でも録音とは違って聞こえますが、人の声の迫力はその中でも本当に圧倒されますよね。私は初めて「第九」を聴きに行った時に大感動したのを今でも覚えています。

ご家族はあんまりクラシックには興味がないのでしょうか。それともお忙しかったのでしょうか。私の方は家族はからきし興味がなく、以前、無理やり連れて行ったらあっという間に寝てしまって失望しました。。

Re: ばけぺん様へ

こんばんは。仰るとおり人の声はには圧倒されます。恐怖の場面では、どんなオーケストレーションよりも怖いですよね。これってすごいことだと思います。

家族はクラシック音楽はあまり興味がないようで、私はすっかり異端者扱いとなっております(笑)
コメントありがとうございました。

こんにちは

家族サービスも忘れず良い休日を過ごされましたね。ご昼食も美味しそうに撮れてますよ(^^)

合唱による荘厳な響きは身を清められる思いがしますね。
私はヴェルディの「レクイエム」は未だ聴いたことがないので非常に興味が湧いてきました。

Re: akifuyu102様へ

こんばんは。
コンサート前はいつもは質素にしているのですが、今回は食べ過ぎて曲の終盤は眠たくなりました(笑)

色々なレクイエムをコンサートで聴きましたが、やはり作曲家としても腕の見せ所なので、名作ぞろいだと思います。私もいまだ聴いたことのない曲に色々挑戦しているところです。

コメントありがとうございます。