A.リード 春の猟犬

聴いている音楽
03 /25 2014
単身赴任先から荷物を引き上げてくるのにあたって、いい機会なので、先日、自宅のほうも整理整頓していましたら、古いMD(死語かな??)が出てきました。

タイトルには「A.リード作品集」(汐澤安彦指揮/東京佼成ウィンドオーケストラ)とあります。アルフレッド・リード(1921-2005・アメリカ)は、吹奏楽をやっている人なら誰でも知っている作曲家ですね。

片づけの手を休めて一曲だけ「春の猟犬」を聴きました。

Wikipediaによりますと、1980年初演。カナダのオンタリオ州ウィンザーにあるジョン・L・フォースター・セカンダリースクール・コンサートバンドからの委嘱。曲のタイトルは、イギリスの詩人アルジャーノン・チャールズ・スウィンバーンの『キャリドンのアタランタ』という詩に霊感を得たものとのこと。

演奏会用序曲というジャンルになるんでしょうか。急-緩-急からなる10分ぐらいの簡潔なつくり。大傑作というわけではないのでしょうが、明るく元気で、まさに春を感じる佳曲だと思います。

はじけるように軽快に始まり、華やかな音の洪水。中間部は緩やかなテンポで、美しいメロディがうねうねと続きます。「あぁ、これこれ、この感じがリードだなぁ・・・」と感慨に浸っていると、再び音楽は早いテンポに戻り、中間部の旋律も重なり、盛り上がりを増していきます。

リードの作品は何曲か演奏したことがありますが、残念ながらこの曲は縁がありませんでした。やってみたかったものです。

単身赴任先、昨日は春を感じる暖かな日、気温も9℃まで上がりました。雪融けも若干進んで、積雪はただいま63cm。
DSC00586.jpg


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

アルフレッド・リード好きです。

sankichi1689さん、おはようございます。

私も「春の猟犬」はやったことがないですが、私がリードの曲で思い出深いのは「吹奏楽のための第一組曲」と「音楽祭のプレリュード」です。定演やコンクールに出るために一生懸命練習しましたね。
吹いていて感動し達成感もあるリードの曲は大好きです。ああ、リードの曲を無性に聴きたくなってきました。(^^♪

春の猟犬

今回は単身赴任からのお引越し色々と大変でしたね。
「春の猟犬」ですか・・・
何かとてつもなく懐かしい名曲ですね。
三部形式の分かり易い曲なのですけど、中間部のロマンティックな感じは私も大好きですし、ラスト近くのティンパニーソロも大好きです。
出だしも中々インパクトがありますし、何よりも曲の躍動感が素晴らしいですね。
この曲は、1982年の福岡工大付属と88年の野庭の歴史的名演が有名と思いますが、
84年の札幌白石の演奏も結構素晴らしかったですね。
だけどあんな生き生きとした演奏が全国大会ではなぜか銅賞なんですよね・・・
あの評価はいまた゜に納得がいかないですね・・・
リードというと個人的には第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」が大好きです。この組曲、高校二年の定期演奏会で吹き、吹くのがすごーく楽しい曲でした・・・

Re: akifuyu102様へ

こんばんは。
あらら・・・第一組曲も音楽祭のプレリュードもやったことがないですねぇ。
吹いていて感動というのは全くの同感です!定期演奏会でやったオセロはまさにそのような感情に襲われました。いいですよね、リードはっ。
コメントありがとうございます^^/

Re: ぬくぬく先生様へ

こんばんは。
お陰様で引っ越しの方はだいぶ整理がついて、がらんどうに近づいてきました。
春の猟犬なんて歳がばれるようなチョイスでしたね。今の世代の方に言ってもわからないのかな。でもメロディメーカーですねリードは。ホント。コンクールでは書いておられる88年野庭は聴いたことがあるような・・・。

定期演奏会の思い出は第二組曲ですか。残念ながらやったことがありません。私の時は第三組曲「バレエの情景」をやりましたねぇ。。。。
コメントありがとうございます。