「100歳まで弾くからね!」

音楽
03 /11 2014


週明け札幌は30cmのドカ雪、単身赴任先では今朝-17℃と少々困惑しております・・・。

そんな状況ですが、週末、98年から札響コンサートマスターを務める大平まゆみさんの初エッセー「100歳まで弾くからね!」(北海道新聞社)を読みました。

遠い遠い世界の大演奏家の自伝、評伝ではなく、我が街のオケのコンマスという、身近なところのプロのお話という点に親しみを感じて、思わず購入してしまいました。

近年ソロ活動も多くCDも4枚発売。地元FMラジオ番組の中で小コーナーを持たれており、お声を聞く機会も多いのですが、実はよく知らなかったのです。

帯には「19歳から13年間にわたるアメリカでの音楽修行、二人の子育て、能力を最大限に引き出す時間や「気」の使い方などを明かす。生い立ちからユニークな練習法まで、初公開の写真も多数収録。」とあります。

仙台生まれで芸大付属高受験のレッスンのために上京を繰り返したこと、芸大一年の時にサンフランシスコ音楽院に留学するところから、大きく人生が動き出していく部分だけみても、本当にチャレンジ精神に富んだ、エネルギッシュな方だなあと強く印象に残りました。

そうそう、札響経営危機の際は、理事の方と一緒に、ヴァイオリンを持って経済界を訪問し、時には演奏しながら支援を訴えられたというシリアスなお話も。

最後に、印象に残った指揮者・ソリストには、ネヴィル・マリナー、エマニュエル・パユ、庄司紗矢香さんをあげておられたことを記しておきます。

お三方が客演した演奏会は私も聴いておりました。参考までに曲目は、マリナーさんはメンデルスゾーンの「スコットランド」。パユさんはイベールの協奏曲。庄司さんはモーツァルトの3番というものでした。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

素敵な方ですね

こんばんは。面白そうな本ですね。興味が湧いてきて早速amazonで注文しちゃいました。(^^)
遠くの地からではありますが、札響コンサートマスターの大平まゆみさんを
応援させて頂きます。ああ、札響を生で聴いて見たい!

Re: akifuyu102様へ

こんばんは、コメントありがとうございます。
amazonで売っているのですね。てっきりローカルな本のでこちらでしかないのかと・・・。書いた記事に興味を持っていただけるなんて、ブログをやっていてこれほど嬉しいことはありません^^/札響の関係者ではありませんが、ありがとうございます。

私も在阪オケは聴いたことがないので、いつか!と思っております。昨年は関西旅行しましたが、聴いたのはN響でした(笑)

こんばんは。

sankichi1689さん、こんばんは。

まずタイトルが良いですね。ヴァイオリンが本当に好きなんだろうなあ。こういうバイタリティ溢れるコンマスがいるのも札響が充実している理由の一つなんでしょうね。

表紙を拝見しても輝いてる人は素敵です。100歳まで活躍してほしいです。自分も頑張ろうと思いました。

Re: ばけぺん様へ

こんばんは、コメントありがとうございます。
本の中の「ヴァイオリンをもっと上手に弾けるようになるにはどうしたらいいか、私はそのことを今日も考えている」という言葉が強烈に残りました。

コンマスは一年契約なので将来の保証はない。そんな環境が日々輝かせているんでしょうか。末永く札響で活躍していただきたいです。

前を向いて生きている人はオーラが違いますね。
話は変わるのですがわんわんわんは現在釧路に出張中。雪がガンガン降ってます。

Re: わんわんわん様へ

こんばんは。本の写真がとても素敵です。充実している方は内面から現れますねっ。
北海道出張のことは貴ブログで承知しておりました。コメントしようと思っていた矢先でした(笑)道東は明日まで大雪に注意とのこと。道中の無事をお祈りいたします。
コメントありがとうございます。

読み終えました(^^)

sankichi1689さん、こんばんは。

「100歳まで弾くからね!」を読み終え大平まゆみさんの大ファンになりました。(^^)

あくなき向上心を持ち続け、前向きに明るく活き活きとしておられる太平さんの行動にはとても感銘を受けました。

これからの自分の人生をどう生きて行くのかを考える上で、私はこの本にとても勇気を頂いた気がします。

sankichi1689さんの記事でこの本に出会えたことに感謝感謝です。

Re: akifuyu102様へ

こんばんは、少しでも気に入っていただいて幸いです^^/
感謝感謝など・・・、めっそうもない。プロの方の生き方や普段考えていることなど、本当に興味深い本でした。

ブログに書いておいてなんですが、10年前の自分なら読まなかったでしょう。音楽の聴き方もずいぶん変わりました。世界的な楽団の演奏よりも地元の演奏家中心になりましたね。そうそう、飯森範親&山響の「マエストロ、それはムリですよ」なんかも面白い本ですよ。

「マエストロ、それはムリですよ」も読みました。

sankichi1689さん、こんばんは。
いやぁ、とても面白かったですね。常にポジティブに行動される飯森さん、良いですね。応援したくなりました。
山形交響楽団の演奏にも凄く凄く興味が湧きました。出来ることなら山形にて生で聴いて見たい気持ちです。
良い本をご推薦下さり、ありがとうございました。

Re: akifuyu102様へ

こんばんは。
面白かったですか~それはよかった!地方オケの奮戦ぶりがよくわかりますよね。山響さんは録音にも積極的に取り組んでおられ、ディスクも多数発売されています。オケの向上にはこのような取り組みは重要ですね。
こちらこそ何かのお役にたてて幸いです。
コメントありがとうございました。