チェリビダッケのシューベルト「ザ・グレイト」

聴いている音楽
02 /25 2014
セルジュ・チェリビダッケ指揮のミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏で、シューベルトの交響曲第8番ハ長調「ザ・グレイト」(EMI・1994年live録音)を聴いています。

昔は大嫌いだったんですけど、今や大好きな曲になってしまいました。

DSC00446.jpg

遅いテンポからオケを目いっぱい鳴らす巨大な音楽と繊細さが同居する演奏は、たまに聴くとやはり独特の魅力があります。

ミュンヘン・フィルはやや明る目の音色。演奏時間はリピートなしで、(1)15:33 (2)16:31 (3)10:18 (4)13:05です。

思いっきりテンポを落とす第1楽章終結部、第2・4楽章でのやりすぎなくらいのトランペットの強奏、全曲の最終音のディミヌエンドなど面白いところがたくさんありますが、スケルツォのトリオもなかなかいい感じです。

朗々と歌うわけではありませんが、非常にデリケートな演奏。胸に迫ります。

拍手のほか、楽章間の咳払いなども丸ごと収録されていて臨場感たっぷりです。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

おはようございます

チェリビダッケですかぁ。(^^)
ベルリンフィルを去った後、カラヤンとは真逆の道を歩んだマエストロですね。
シューベルトでも、極めてゆったりしたテンポで、音楽に生命を吹き込むような色彩感豊かな演奏を聞かせてくれますよね。
仰る通りの「独特の魅力」、私も感じます。(^^)

こんばんは。(^^)

シューベルトの「ザ・グレイト」は私には聴いた記憶が…なっ、ない!(-_-;)
それに私のブログのカテゴリにはシューベルトの名が…な、な、なかった(-_-;)

てな訳で早速、図書館に予約しました。(^^)
ジュゼッペ・シノーポリ指揮、ドレスデン国立管弦楽団
第8番《未完成》、第9番《ザ・グレイト》

ライヴ録音は曲中、曲間の聴衆ノイズが図らずも臨場感を高める
結果になる場合があり面白いですね。

Re: ★赤影★様へ

こんばんは。
「極めてゆったりしたテンポで、音楽に生命を吹き込むような色彩感豊かな演奏」とは上手いですなぁ。楽器のバランスや表情づけに異常なほど繊細にやっているかと思う反面、トランペットをブカブカ吹かせたり、わからない面もあってミステリアスだなぁなんて思っておりました(笑)コメントありがとうございます^^

Re: akifuyu102様へ

こんばんは。カテゴリはないけど、「ます」を取り上げてましたね^^
シノーポリは私も聴いたことがないので、興味がわきますね。ベートーヴェンとほぼ同時代ですが、拡散するような響きとスケルツォを聴くと全く違うものだなぁいつも思います。
ライヴ録音。実はあまり好きではないのですが、こういうのはいいと思いました。コメントありがとうございます。

チェリビダッケ

sankichi1689さん、こんにちは。

チェリビダッケ、曲にもよりますが、良い指揮しますよねえ。私はブルックナーから聴き始めましたが、BOXセットで入手した展覧会の絵とか素晴らしいなと思いました。冗談みたいなテンポで入ることもあれば、意外と俊敏なこともあったりして気が抜けません。

チェリビダッケの「グレート」はきちんと聴いたことがありませんが、構えの大きな曲なので合いそうですね。かなり聴きたくなりました。

Re: ばけぺん様へ

こんにちは。
ブルックナーは3番だけもっています。展覧会の絵は私も持っていますが実家に置きっぱなし・・・。確かに全く別の曲に聴くこえるような部分や意外にノーマルな部分があったりと、気が抜けませんね。ただ、おもしろいことこの上ないですね、このマエストロは。
出張お疲れ様でした。コメントありがとうございました。

チェリビダッケが指揮している映像作品を持っているのですが、それがまた凄い。彼の細かい所作から顔の表情の変化まで全てが音楽に現れていました。

Re: わんわんわん様へ

こんばんは。コメントありがとうございます。
映像ですかっ、それはすごい!「細かい所作から顔の表情の変化まで全てが音楽に」。なるほど。緻密に、それでいてスケールの大きい小宇宙的な演奏になりますね。やはりちょっと録音では入りきらない感じもあります。実演が楽しい指揮者の一人だったではと思います。