セルのベートーヴェン交響曲第8番

聴いている音楽
02 /11 2014
ジョージ・セル指揮、クリーヴランド管弦楽団によるベートーヴェンの交響曲第8番ヘ長調(SONY CLASSICAL・1961年録音)を聴いています。

わざわざ書くこともありませんが、硬派で厳格な演奏。アンサンブルもがっちりです。

セルの演奏で好きなところ、まずは第1楽章の展開部。カラヤンみたいにド迫力というわけではないけれど、オケの音の食いつきが良くて一層締まって聴こえる感じ。以前、映像で見たセルの「運命」のリハーサルで「サスペンス!(Suspense)」と叫んでいたのを思い出しました。

第3楽章も面白いですね。典雅なイメージですが、あいの手のトランペットを大真面目に強調して吹かせていて・・・セルの個性出ているじゃない!という感じでしょうか。

CBSへの録音からもう半世紀以上。こうやって曲だけでなく、演奏も「時の洗礼」を受けて残っていくのですね。

DSC00361.jpg


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

セルのベートーヴェン

sankichi1689さん、こんばんは。

私もセルのベートーヴェン交響曲全集、買おうかどうか迷っていたんですが、記事を拝見して買ってみようという気持ちに大きく傾きました。内容を考えたらめちゃめちゃお買い得ですもんね。

HMVのサイト行ってみたら、これもどうぞってハイドンの交響曲集も出てきました。うーん、そっちも欲しい。

8番

朝のお除の際、つい口づさむと云うか鼻歌?気分に歌うような第一楽章冒頭。
5番の3楽章以降と同じくらい好きなメロディー。
このシリーズ、セルも気になっていたのですが、これ以上未聴盤の山が溢れる事も気になり、じっとポチるのを我慢しております(笑)。

Re: ばけぺん様へ

こんばんは。
かつて全集を持っていたのですが、音のひどさに売ってしまい、また買うというアホなことを・・・。でも音が良くなったような気がします。
ハイドンは何年か前に発売された「初期ロンドン交響曲集」(2CD・93~98番)は愛聴していますが、ばけぺんさんのコメントを見て確認しましたら4CDですね。ステレオ録音のオックスフォードや99番も。情報ありがとうございました!!

Re: MK様へ

こんばんは、コメントありがとうございます。
8番を好きな方多いですよね。簡潔に、気楽な感じで、それでいて完成度が高いというか。
このシリーズ、安くて確かに手が出てしまいますが、ご指摘のように聴く時間は限られています。セルの全集は昔持っていて、その後売ってしまったので、買い直しということになります。音は良くなったような気がします。HMVのレビューでも同様の意見の方もいました。

こんにちは!

セルのベートーヴェン8番ですか。
鉄壁のアンサンブルと緊密な音創り、セルは音楽には厳格な人でしたが、このベートーヴェンには私は結構ロマンを感じました。
そうそう、写真の盤はリマスタされた輸入盤ですよね。
私はこちらの輸入盤は聴いたことがないのですが、かなり音は改善されているのですね?
一度聴いてみたくなってきました・・・。(^^;)

Re: ★赤影★様へ

こんばんは。
> セルは音楽には厳格な人でしたが、このベートーヴェンには私は結構ロマンを感じました。

なるほど~。赤影★さんの感想も頭に入れつつ、予断を持たずに(佐村河内氏の一件でもわかるとおりコレがなかなか難しい!?・・・^^;)聴き進んでみようと思います。だいぶ前に手放したので印象も忘れてしまっています。

音はHMVのレビューでもいい印象を書かれている方がいますね。コメントありがとうございました^^/

セルのベートーヴェン全集と8番

学生時代に苦労して購入したLPの全集と,リマスターされた輸入盤CDで聴いています。晴朗な第8番、いいですね~。
http://blog.goo.ne.jp/narkejp/e/032d50d586800caf1961aef84dc08b1c

Re: narkejp様へ

こんばんは。コメントありがとうございます。
narkejpさんは名盤セル/BPO/フルニエ(vc)のドヴォルザークなど、セルを大変好まれていることは以前より記事で拝見させていただいておりました。LPですか、うわぁ~宝物ですね!

8番。以前読んだ「ベートーヴェンの精神分析」では子供ができた喜びという説?を展開されていた記憶が・・・。9曲の中で異色なのもミステリアスで想像を掻き立てられます。愛聴されている方多いですよね。