ニールセンの「ひろがりの交響曲」

聴いている音楽
01 /30 2014
DSC00226.jpg

今週は、デンマークの作曲家ニールセンの6曲のシンフォニーの中から第3番ニ短調「ひろがりの交響曲」を聴いていました。

「不滅」だけじゃなく、聴き流さないで他の作品もちゃんと聴こうと思いまして・・・

1911年の作。マーラーが世を去り、シベリウスが第4交響曲を書いた年ということになるでしょうか。表題は第1楽章の発想記号〈アレグロ・エスパンシヴォ〉に由来するとのことですが、雰囲気だけならフィナーレこそぴったりな感じがします。

急速な3拍子と切り立ったリズムで金管セクションが活躍する第1楽章。第2楽章は北欧的な雰囲気の中、後半にはバリトンとソプラノの「ア」だけの歌も加わります。スケルツォ的な第3楽章を挟んでのフィナーレは、親しみやすい英雄的な主題が魅力的です。

第2楽章での木管楽器と中低弦の使い方がシベリウスと似ている?気もします。

演奏はブロムシュテット/サンフランシスコ交響楽団によるもの(DECCA・1989年録音)。クリアで棒に鋭く反応する、そんな印象を受けます。

シベリウスと同年生まれのニールセン。両シンフォニストの今日におけるポピュラリティや演奏頻度の差は何か・・・、そんなことをボンヤリ考えていました。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

おはようございます。

sankichi1689さん、おはようございます。

ニールセンに比べるとシベリウスは圧倒的に有名ですが、ニールセンの作品も捨てがたい魅力があると思います。

とはいえ、私もsankichi1689さんの仰るとおり、不滅以外の曲は聴き流さずきちんと聴いたことがほとんどないので、一度じっくり聴いてみようと思いました。しかし、ニールセンの交響曲はタイトルもユニークで渋いですね。

Re: ばけぺん様へ

こんばんは。
ニールセンの魅力、まさにそれを探っています。5番などはかなりシリアスな一面もあります。素人考えですが、人間の感情に寄り添った感じは、終始自然を感じてしまうシベリウスとは違うところかなという気もします。
コメントありがとうございました。

ニールセンの交響曲

ニールセンというと単一楽章の「不滅」がやたら有名ですよね。
(ティンパニー奏者2人による打撃音が極めて効果的ですよね・・)
だけどこうやって3番も取り上げて頂き嬉しいです。ニールセンというと、個人的な感覚としては、昔、NHKのアニメでやっていた「ニルスの不思議な冒険」を音にしたようなイメージがあります。
この3番も、コーラスが途中で入ったり、ラストの勇壮さなど4番にも劣らない名曲だと思っています。
シベリウスの世界は、内面的な感じ、ニールセンは外への開放感という違いがあるような気もしますし、感覚としては、少しマイナーだけど、エストニアのトゥーピンの交響曲の世界に近いような感じもします。
ニールセンは、私としては、組曲「アラジン」とか交響曲第6番(第二楽章は、まるで吹奏楽・・・打楽器と管楽器のみで構成)も
お勧めしたいですね。

Re: ぬくぬく先生様へ

こんばんは。
特定の曲に偏るのではなく、色々聴いてみようと思いまして・・・。3番のラストは仰るとおり勇壮でカッコイイですね。『ニールセンは外への開放感』なるほどですね。私は都会的?な感じと思っていました。

おすすめのエストニアのトゥーピンについては、恥ずかしながら初めて耳にしました。機会があれば聴いてみたいと思います。日本は吹奏楽が盛んで、わりと近現代曲にすーっと入っていける素地があるのではと日頃から感じております。
コメントありがとうございました。