ショルティのマーラー「大地の歌」(新盤)

聴いている音楽
12 /26 2013
ショルティ・大地の歌

■ マーラー 交響曲「大地の歌」
 指揮:サー・ゲオルグ・ショルティ
 (A)マルヤーナ・リポフシェク
 (T)トーマス・モーザー
 ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
 (DECCA 1992年live録音)

実は勘違いで購入したCDです。

ずっと前に中古屋さんに旅立たせたミントン/コロ/CSOの旧盤がやっぱりまた聴きたくなったところ、CDショップで目にとまり再購入したのですが・・・。

家で開けて見てビックリ。新盤でした。

少し前に買ったのですが、感想文を越年するのはよくないと思い、書いているわけです。

基本的には旧盤と同じく部分的に凝るのではなく、全体の流れを重視するスタイルかなと思いますが、第1、第4楽章などでのパリッとした冴えは旧盤に一歩譲るのではと感じました。

独唱の二人も素晴らしいのではないでしょうか。特にアルトのリポフシェクは、あまりクセがなく、私には聴きやすかったです。ただ、もう少し太い?深い?声を好まれる方もいるのかなと思いました。

第6楽章。アルト独唱はもとより、木管楽器がものをいう音楽だと思っていますが、十分に訴えかけるものがありました。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

こんばんは!


何時も訪問、コメントありがとうございます。
私もコメントしたいのですが、
クラシックが分かりませんの~。
済みません m(__)m。
一応、CDは何枚かありますので
これから少しずつ聴いてみおうかなぁ~と思っています。
思い出したのですが、中学の音楽の先生がクラシック好きで、
音楽の時間、何時もクラシック聞かされていました。
あの時、興味を持つと良かったのに・・・(笑)

それでは おやすみなさい~~☆

Re: kiyumi様へ

おはようございます。コメントありがとうございます。

興味のある記事にコメントを差し上げているだけなのですが、
なんだか気を遣わせてしまったようで、恐縮です^^;
あまり難しく考えないでいただけると助かります・・・

CSOとの旧盤のLPを持っていますが聴いたのは1、2回です(恥)
ワルター、ニューヨークフィルの演奏が刷り込みなので他の演奏になじめなかったのですね。
また、ゆっくりと聴いてみましょう。

こんばんは

sankichi1689さん、こんばんは。

僕も同じ勘違い一度やらかしました。僕は5番の方だったのですが。晩年にライブで録音した演奏を間違って買いました。5番は旧録のほうが断然良いと思いました。

ちなみに「大地の歌」は僕にとってsankichi1689さんの「一千人の交響曲」です。今までのところ、どうしても馴染めません。。。

Re: よし様へ

こんばんは。コメントありがとうございます。
曲の冒頭からCSOの鉄壁のアンサンブルが聴けますね。
刷り込みと言えば、私はワルター/VPOでしょうか。
ただ、私だけかも知れませんが、超名演と言われるものは、なんだか気軽に聴けないので、普段は違うのでという感じです。

Re: ばけぺん様へ

こんばんは、コメントありがとうございます。
CSOとの5番('70)と言えば名演中の名演。私も大好きですよ。
大地の歌は私は大好きですが、そうですね、苦手という意見もわかります。歌は結局のところよくわからんという感じですが(笑)、オケ部だけでも感動的だと思えるんですよね~