FC2ブログ

札響名曲シリーズ ポンマー指揮 田園&運命

音楽鑑賞
02 /03 2018
■札響名曲シリーズ

ベートーヴェン:交響曲第6番ヘ長調「田園」
ベートーヴェン:交響曲第5番ハ短調「運命」

マックス・ポンマー(指揮)

2018年2月3日(土)14時
札幌コンサートホールkitara

------------------------

真冬日が10日も続いている札幌。うち5日は最低気温がマイナス10度以下です。今冬は寒いですね。そんな厳冬期ですが、今日は午前中にカーポートの雪下ろしを終え、午後は札響の名曲コンサートを聴きに行ってきました。

マックス・ポンマー氏の首席指揮者としての札幌での最終公演ということになりますが、チケットは完売で、会場は満席に近い盛況ぶりでした。1月定期(夜公演)の客入りが悪かっただけに安心しました。

ポンマー氏は2015-16年シーズンに首席指揮者に就任し、これまで定期演奏会ではメンデルスゾーン、シューマン、ブルックナー、マーラー、R.シュトラウスなどのほか、権威として知られるドビュッシーやバッハを取り上げてきて、今回はベートーヴェンです。

さて、演奏はというと、両曲とも早めのイン・テンポを基調とした若々しいもの。同じプログラムで東京公演(2月6日・サントリーホール)に臨むだけあって、完成度の高い演奏でおおいに楽しむことができました。「運命」ももちろん良かったのですが、木管の好調なソロや、繊細な弱音から迫力のある「嵐」まで振幅の大きな表現で聴かせてくれた「田園」により惹かれるものがありました。

アンコールはポンマーさんお得意のバッハ。管弦楽組曲第3番からアリアです。これもとても良かった!。

今日は終演後、早々に席を立つ人も少なく、皆ゆったりと音楽を愉しみ、ポンマーさんとの別れを惜しむような演奏会の雰囲気でした。


スポンサーサイト