札響第602回定期 モーツァルト 協奏交響曲ほか

音楽鑑賞
08 /26 2017
■札幌交響楽団第602回定期演奏会
 
ベートーヴェン:序曲「レオノーレ」第3番
モーツァルト:協奏交響曲 変ホ長調
フランク:交響曲 ニ短調

指揮:ユベール・スダーン

オーボエ:関美矢子、クラリネット:三瓶佳紀
ホルン:山田圭祐、ファゴット:坂口聡

2017年8月26日(土)14:00~
札幌コンサートホールkitara

-------------------------

開演前のロビーコンサート、今月は金管アンサンブルでした。曲はガブリエリの「第7旋法によるカンツォン第2番」と「ピアノとフォルテのソナタ」という定番の2曲。学生時代にやりましたよ。懐かしいですねぇ。いい曲、そしていい演奏でした。拍手。

さて、演奏会本体はというと、1曲目、レオノーレ第3番。きりっと締まり、メリハリの効いた気持ちのいい演奏。舞台袖からのトランペット・ソロは副首席の松田さん。バッチリきまっていました。今月で退団ということで、演奏後はスダーンさんとともに盛大な拍手を受けていました。長い間本当にお疲れさまでした。

2曲目、モーツァルトの協奏交響曲は札響首席奏者4人がソリストとなっての演奏です。オーボエの関さんの緑のドレスで舞台が明るくなります。スダーンさんはタクトを持たない指揮。ザルツブルグ・モーツァルテウム管の音楽監督を13年務めた経験が生かされているのでしょうか、オーケストラからとても上品な音を引き出していました。4人のソリストも程よく聴き合い、程よく主張するといった雰囲気が出ていてとても良かったです。

休憩後はフランクの交響曲。スダーンさん、テンポや曲想など表情豊かな演奏だったと思います。サウンドも重苦しい感じは受けませんでした。第2楽章のイングリッシュホルンやホルンのソロも良かったですし、トゥッティでの弦とトランペットを中心にオーケストラが一つの楽器のように鳴る部分も綺麗な響きでした。

スポンサーサイト

鈴木秀美指揮の神奈川フィルを聴く

音楽鑑賞
08 /10 2017
■フェスタ サマーミューザKAWASAKI 2017
神奈川フィルハーモニー管弦楽団演奏会

メンデルスゾーン:序曲「フィンガルの洞窟」
メンデルスゾーン:交響曲第4番「イタリア」
ハイドン:交響曲第104番「ロンドン」

指揮:鈴木秀美

2017年8月6日(日)15:00~
ミューザ川崎シンフォニーホール

-------------------------

ちょっと息抜きで上京してきました。新千歳はLCCが使えるので首都圏も関西圏も安く行けて便利。今回は鈴木秀美さんの指揮、それから神奈川フィルを聴いてみるのがお目当てです。

まず14:30から15分間、鈴木さんのプレトークがありました。3曲についてそれぞれ丁寧に解説してくださいましたが、特にハイドンについては何時間でも話せてしまうと思いを語っておられ、イギリスではハイドンが来られなくなることがわかり暴動が起きたというお話も披露してくださるなど興味深いものでした。

さて、この日の神奈川フィルの編成は全ての曲で10-10-8-6-4の弦5部と2管編成。ヴァイオリンは両翼配置のほか、面白かったのが正面最上段にコントラバスが横一列という配置。

1曲目「フィンガルの洞窟」。ホントいい曲ですねぇ。神奈川フィルさん、いい音出ていました。一曲目から好演です。

2曲目「イタリア」はこの曲が持つ生命感が溢れ出るような演奏でしたが、第2楽章冒頭などでノン・ヴィブラートの古楽奏法的な部分を際立たせたり、全曲を通して思い切りのいいアクセントでメリハリをつけたりしていたのが面白かったですね。第3楽章でホルンとフルートがとても美しかったことも印象に残りました。

休憩後は「ロンドン」。まずこれを最後にもってくるあたりからしていいです!。自分ではこの曲こそ古典派シンフォニーの傑作中の傑作だと思っているので拍手です。

第1楽章の序奏から実に堂々とした響きがホールに満ち溢れます。主部に入ってからも男性的な逞しさを伴った演奏だと感じました。素朴で優美な味わいの第2楽章。曲がホントいいです。ハイドンが行きついた境地のようなものを感じます。第3楽章を経て、いよいよ第4楽章。ホルンの低音から弦楽器が入って来るあたりでわくわく感があって好きなのですが、その後の推進力溢れる演奏はすごく良かった!。ハイドンのシンフォニーにもかかわらず(失礼)、演奏後にブラヴォーが多数かかっていたのも納得の快演でした。