札響第601回定期 秋山指揮 ショスタコーヴィチ「第5」ほか

コンサート(札響)
07 /08 2017
昨日は33度、今日も30度まで気温が上がった札幌。そんな中、札響定期を土曜のマチネで聴いてきました。

■ 札幌交響楽団第601回定期演奏会

 チャイコフスキー ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 op.35 *
 ショスタコーヴィチ 交響曲第5番 ニ短調 op.47

 秋山和慶(指揮)
 神尾真由子(ヴァイオリン)*

 2017年7月8日(土)14:00~
 札幌コンサートホールkitara


今回の定期は一言でいうと神尾さんに尽きます!。

神尾さんは以前、札響定期でハチャトゥリアンのコンチェルトを聴かせてもらったことがあり、その時も良かったのですが、今回はそれ以上でしたね。

ブルーの涼しげなドレスで登場した神尾さん。むせび泣くようなヴィブラートから始まる独奏ヴァイオリン。濃厚でダイナミック。スケールの大きな演奏はチャイコフスキーにとてもよくマッチしていて、すっかり魅了されました。すごく素敵でした!。

秋山さんの指揮も統率が効いていて、とても安心できます。第1楽章でヴァイオリン独奏が止み、トゥッティで主題を奏でるところは高潔な印象さえ受けました。独奏ヴァイオリンと絡みあって盛り上がりながら進行する第3楽章のアンサンブルもぴったり。

それにしても神尾さんへのブラヴォーや拍手は近年ないぐらいの盛大なものでした。ファンが多いのかな。でも今日はそれも納得の快演でした。アンコールはパガニーニの24の奇想曲より「第24番」が演奏されました。

後半はショスタコの5番です。こちらも迫力満点のいい演奏でした。今回の定期はサブタイトルが「祝 kitara20周年 こけら落し指揮者とともに」でした。今後とも札響といい関係を築いていただくことを望みます。

さて、第2ヴァイオリン首席の大森さんが今月末をもって退団されるようで、終演後、ステージ上ではコンマスの大平さんから花束が贈られました。大森さん少し感極まっていたようにも見えました。

2年ほど前に開いたリサイタルは一曲一曲丁寧に演奏され、また聴衆も本当に音楽が好きな人たちが集まって聴き入ったという印象の素敵なものでした。素晴らしいアーティストと確信しています。札響を去られるのは非常に残念ですが、新天地でのご活躍をお祈りします。2006年から11年間の在籍とのこと。大変お疲れさまでした。

う~ん、でもやっぱり地方オケでは優秀な人材をつなぎ留めておくのは・・・、難しいのですね。


スポンサーサイト