札響第600回記念定期演奏会 モーツァルト 3大交響曲

コンサート(札響)
06 /10 2017

■ 札幌交響楽団第600回記念定期演奏会

 モーツァルト 交響曲第39番 変ホ長調 K.543
 モーツァルト 交響曲第40番 ト短調 K.550
 モーツァルト 交響曲第41番 ハ長調 K.551「ジュピター」

 マックス・ポンマー(指揮)
 
 大平まゆみ(コンサートマスター)

 2017年6月10日(土)14:00~
 札幌コンサートホールkitara

1961年創立の札響の定期演奏会が今回で600回となりました。今朝の地元紙によると地方オケでは京響さんに次ぐ回数のようです。

ポンマーさんのモーツァルトといえば、昨年8月定期での清新なレクイエムが印象に記憶されています。今回も抑制されたビブラート、ティンパニの硬質な音、キリっと早めのテンポという同じスタイルだと感じました。

はじめは39番。12型の弦5部にフルート1、クラリネット2、ファゴット2、ホルン2、トランペット2、ティンパニという編成。上品な弦、クラリネットとホルンの柔らかな音色がこの曲の持つ温か味を引き出していたように思いました。なかなか良かった。

2曲目は40番。今回は初稿による演奏のためトランペット2、ティンパニが抜けるのに加え、クラリネット2とオーボエ2が入れ替わります。第4楽章の初めの方に出てくるソロなど、短調のこの曲には鮮やかな対比で幸福感を感じるクラリネットの音色の方があっているように思うのですが、オーボエで聴いても別の味わいがあっていいものです。初稿を生で聴くのは初めてかもしれません。それにしても第1楽章展開部の弦のアンサンブルはぞくぞくしますね。曲の素晴らしさを再認識。

休憩後は「ジュピター」。管打はフルート1、オーボエ2、ファゴット2、ホルン2、トランペット2、ティンパニです。冒頭の3つの音はややタメのある感じ。その後は堂々たる曲の進行にトランペットとティンパニの強奏強打がアクセントを添えます。あとは、やはりフィナーレが良かったですね。堂々たるアンサンブルで編成以上に曲の偉大さや壮麗さが伝わってきました。

今日は雨で最高気温16度という肌寒い日でしたが、ざっと見たところ9割ほどのお客さんの入りだったように思いました。今後も好演を期待したいです^^/


スポンサーサイト