ブーレーズ/クリーヴランド管 マーラー「夜の歌」

聴いている音楽
05 /12 2017
ピエール・ブーレーズ指揮、クリーヴランド管弦楽団の演奏で、マーラーの交響曲第7番「夜の歌」を聴いていました。グラモフォンの1996年の録音です。

久しぶりにディスクを引っ張り出して聴いてみましたが、発売当時、この複雑難解な大曲を相手にオーケストラを巧みに操り、冷静かつ理路整然と鳴らしていくブーレーズの演奏に心底驚き、感心したのを思い出しました。今聴いても印象は色褪せていませんね。

90年代にはいってクリーヴランド管のグラモフォンへの録音が増えて、デッカへの録音とは違う温かみを感じて新鮮に思ったことも懐かしいです。


スポンサーサイト