札響第599回定期 ホリガー指揮 ドビュッシー「海」ほか

音楽鑑賞
05 /20 2017
■札幌交響楽団第599回定期演奏会

シューマン:ミサ・サクラ ハ短調 op.147*
マーラー:アダージェット ~交響曲第5番より
マーラー(ゴットヴァルト編):「夕映えのなかで」 ~無伴奏合唱のための*
ドビュッシー:「海」 ~3つの交響的素描

指揮:ハインツ・ホリガー
合唱:ラトヴィア放送合唱団*

2017年5月20日(土)14:00~
札幌コンサートホールkitara

------------------------

前半のミサ・サクラは名前すら初めて聞く曲で、正直眠くてしょうがなかったのですが、後半のマーラーでプログラムの妙とラトヴィア放送合唱団の素晴らしい歌声を堪能できました。

マーラーの「夕映えのなかで」は、交響曲第5番のアダージェットに18世紀ドイツの詩人アイヒェンドルフの詩を付けて2008年に16声の無伴奏合唱に編曲したもの。要するに同じ曲を器楽でやった後に合唱でやるというプログラムで、これはなかなか面白いと思いました。

ラトヴィア放送合唱団は総勢24名のようでしたが、ハーモニーの美しさはもとより、弱音のコントロールなどで個の実力を感じました。消え入るように歌声がホールからなくなり、しばしの沈黙の後、盛大なブラヴォーがかかっていました。良かった!。

一方の札響ですが、「海」がなぜか心に響いてきませんでした。ホリガーさんの指揮もどこか単調な印象もありましたし・・・。もっとも、自分自身もシラカバの花粉症だと思われる目のかゆみなどの症状があって、体調が思わしくなかったことも大いに影響していると思いますが。

また、今回の演奏会は、前半のミサ・サクラが45分もある曲だったこともあり、通して2時間15分ぐらいになりましたが、自分はやはり2時間以内に収めるのがいいのではと思った次第。まあ、今回はラトヴィア放送合唱団を聴けたということで良しとしましょう。

札響定期も599回まできました。次回は記念すべき600回です。


スポンサーサイト