マティアス・ヘフス(tp) ソロ・ド・コンクール

聴いている音楽
10 /25 2016
DSC04226201610242318.jpg
中古CDショップでなかなかいいディスクにめぐりあいました。元ハンブルグ国立歌劇場の首席奏者で、ジャーマン・ブラスのメンバーでもあるヘフスさんの近現代のトランペット独奏曲を集めたディスクです。

1 オネゲル : イントラーダ
2 シャリエ : ソロ・ド・コンクール
3 ボザ : ルスティク
4 ズーターマイスター :ガヴォット・ド・コンセール
5 フランセ : ソナチネ
6 プログ : 3つのミニチュア
7 ヒンデミット : トランペット・ソナタ 変ロ調
8 エネスコ : レジェンド

マティアス・ヘフス(トランペット)
ステファン・キーファー(ピアノ)

(CRYSTON・2009年録音)

ロータリートランペットによる太く柔らかい響きは頭にキンキン響かなくてとても好みです。地元札響もそうですが日本のオーケストラでは独語圏の作曲家の曲で用いられますが、このアルバム中ではオネゲルはスイス、シャリエはベルギー、ボザとフランセはフランス、プログはアメリカというように独語圏以外の作曲家の曲が取り上げられており、そこに面白さを感じます。

全曲の中ではヒンデミットの第1楽章でピアノがもっと力強い打鍵だったらなあとも感じましたが、そのほかはとても満足いくものでした。特に最初の3曲(オネゲル、シャリエ、ボザ)はトランペットの表現力の幅に心惹かれるものがありとても良かった!。それからフランセとプログ。ともに3つの曲からなる全体でも5,6分の曲ですが、速いパッセージや音の跳躍など技巧を要するとともに、ミュートによる抒情的な雰囲気を湛えた曲で聴きごたえがありました。手元に置いておいて時折聴いてみたいアルバムです。


スポンサーサイト