ブロムシュテット/SKD シューベルト「ザ・グレート」

聴いている音楽
10 /11 2016
連休中に聴いていた音楽はヘルベルト・ブロムシュテット指揮、シュターツカペレ・ドレスデンによるシューベルトの交響曲第8(9)番ハ長調D.944「ザ・グレート」です。ドイツ・シャルプラッテンの1981年の録音。昔からよく聴いていた音源なのですが、実は今は所有していません。実家で暇なので中古CDショップで500円で購入してあらためて聴きなおして見たというわけです。

オーケストラの鳴らし方やテンポなど演奏スタイルは時代相応かなと思いますが、冒頭や第2楽章で息を飲むような美しい吹奏を聴かせてくれたホルンは言うに及ばず、やはりSKDの弦の厚みと美しさが断然素晴らしいと感じました。低弦がしっかり効いたドイツ風の音とブロムシュテットさんの自然で推進力がある指揮は安心して身を任せて聴いていられます。

HMVのサイトで全集の評価を見てみると、レビュー数は28にも上り、評価の星の平均は5.0とこれまた世評が高いようです。


スポンサーサイト