FC2ブログ

札響第593回定期 ポンマー指揮 モーツァルト「レクイエム」

音楽鑑賞
09 /17 2016
■札幌交響楽団第593回定期演奏会(昼公演)

レーガー:モーツァルトの主題による変奏曲とフーガ
レーガー:序奏とパッサカリア ※オルガン独奏曲
モーツァルト:レクイエム(ジュスマイヤー版)

指揮:マックス・ポンマー(首席指揮者)
オルガン:室住素子

ソプラノ:秦茂子  メゾソプラノ:竹本節子
テノール:清水徹太郎  バリトン:三原剛
札響合唱団

2016年9月17日(土)14:00~
札幌コンサートホールkitara

--------------------------

前半2曲はドイツの作曲家マックス・レーガー(1873~1916)の没後100年を記念して取り上げられました。

1曲目はモーツァルトのピアノ・ソナタK.331の第1楽章の主題のあとに8つの変奏曲が続くというもの。ポンマーさんが指揮棒を振り下ろすとオーボエの関さんの優しい音色がホールに響き渡ります。札響のアンサンブルはとても良かったと思います。聴きやすい30分ほどの曲でしたが、ピンとくるものはなく少々飽きました。オケは14型、コンサートマスターは田島さんでした。

2曲目、ステージから団員がすべていなくなり、オルガン独奏の室住さんが登場。プログラムによると室住さんは幼少期道内で過ごし、東大文学部在学中にオルガンを始めたようですが、その後はすごい経歴。2010年の小澤さんのニューヨークでの戦争レクイエムにも出演したようです。曲はオルガンの様々な音色、ダイナミックさを味わえる10分程度のもの。こちらはまあまあ良かったでした。

休憩後のレクイエムは、8-6-4-3-3まで刈り込まれた弦5部にバセットホルン2、ファゴット2、トランペット2、トロンボーン3、ティンパニ、オルガンに総勢約90名の合唱。オーボエがないのでバセットホルンによるチューニング音で始まります。

オーケストラと合唱のバランスを欠くように思いましたが、杞憂でした。奏でられた音楽は良かったです!。

早めのテンポ、スタッカート気味のリズム、ティンパニの硬いマレットなど古色蒼然としたものとは一線を画すもの。4曲目「Tuba mirum」のトロンボーン独奏も上手かった!。独唱陣も癖がなく澄んで伸びやかなソプラノをはじめすごく良かったですし、札響合唱団も最弱音から「Dies irae」や「Sanctus」などでの迫力まで表現力豊かな好演だったと思います。(1箇所アインザッツ乱れあったかな??)

そうそう、本定期は札響55周年ということで、1961年生まれの方を対象とした「夜公演A席ペア座席券+当日乾杯用ドリンク券(2枚)+55周年記念CD(1枚)」の優待販売という面白い企画をやっていたことも最後に書いておきましょう。


スポンサーサイト

旧友来札

その他
09 /05 2016
先日、長野に住む中学時代の吹奏楽部の友人から札幌に来ていると連絡があり、15年ぶりに会ってきました。

意外に今でも会ったりするのは中学の頃の友人だったりしますね。彼以外に2人ほど付き合いが継続しています。

すすきので合流。しばらくぶりだというのに、お互いぎこちなさもなく、すーっと昔のように話せるのは、昔過ごした時間の濃密さからか、それとも彼の不思議な能力!?のおかげでしょうか。

2時間ほどおおいに飲み食い、色々話をしました。彼もクラシック音楽好き(バルビローリのファン)ですが、この日はどちらかというと、中学時代の昔話、ちょうどkitaraで開催していたので聴いてきたという吹奏楽コンクール全道大会の結果、最近の吹奏楽演奏のレベルの高さ、同級生の吹奏楽指導者としての活躍など、同窓会的な話題が多かったですね。

すっかり盛り上がったところで、もう一軒行こう!となり、大通へ移動。

あっさり目にしようと思いましたが、選んだお店はなんとジンギスカン!。さすが元道民!。

メニューの中で2人ともネーミングに惹かれた「昔ながらの丸いラム肉」を注文。旨かった!。
DSC_1749201609052023_convert_20160905220226.jpg DSC_1750201609052023_convert_20160905220402.jpg

音楽に関しては私なんぞより、はるかに詳しく、感心するばかり。話は尽きないのですが、なんとか終電には間に合うようにおひらきに。

暴飲暴食で翌日は少々二日酔いとなりましたが、楽しい夜となりました。