札響第592回定期 グラーフ指揮 幻想交響曲ほか

コンサート(札響)
08 /27 2016
首都圏の楽団と違って札響は8月にも定期を開いています。今回は夜公演に振り替えての鑑賞。

■ 札幌交響楽団第592回定期演奏会(夜公演)

 デュティーユ 交響曲第2番「ル・ドゥーブル」
       ~大オーケストラと室内オーケストラのために~
 ベルリオーズ 幻想交響曲 Op.14

 指揮:ハンス・グラーフ

 2016年8月26日(金)19:00~
 札幌コンサートホールkitara

20世紀フランスの作曲家で2013年に没したデュティーユは今年生誕100年。オーストリア出身のグラーフさんは管弦楽曲を作曲家本人の立ち会いのもと録音もしているという権威のようです。

指揮者を取り囲むように室内オーケストラが配されます。弦楽四重奏、オーボエ、クラリネット、ファゴット、トランペット、トロンボーン、ティンパニで、札響の首席奏者の方が固めます。コンサートマスターは大平さん。後方に大オーケストラ、こちらのヴァイオリンのトップはコンサートマスターの田島さんでした。

1959年に作られた3楽章からなる30分ほどの作品は現代音楽ですが、不快なところは全くなく、眠くなることもなく(笑)、室内オケのソロや大オーケストラが作るなんとも言えない響きやリズムに興味をそそられました。チェンバロがかなり活躍するのも面白い点でした。ちなみにドゥーブルはとは「分身」という意味だそうです。

DSC_1745201608271129.jpg

後半の幻想交響曲は生で聴くのは3回目ぐらいでしょうか。弦14型、2管編成を基本としてファゴットが4、トロンボーン3、テューバ2、ハープ2、ティンパニ2、コルネット2(福田さん・佐藤さん)、トランペット2(松田さん・前川さん)という感じでした。

グラーフさんと札響の演奏は表情豊かで、かつ力強い、すごくいい演奏でした!。特に第4楽章終結から第5楽章全般を通じての迫力と緊張感は鳥肌でした。トロンボーン、テューバ、ティンパニを派手に響かせるこの曲は格別な盛り上がりがありますね。

ちなみに第2楽章のコルネットはなし、第3楽章のイングリッシュホルンに呼応するオーボエはおそらくステージ裏からの演奏(前回はたしか3階席からの演奏)、第4楽章冒頭のホルンはゲシュトップによる演奏でした。

演奏後のグラーフさんはとても満足げな様子。奏者を立たせて拍手を受けさせますが、ソロで活躍のイングリッシュホルンやクラリネットはもちろんのこと、木管セクション全般にも大きな拍手が送られました。

この日は高校生らしき学生さんが多く来場していましたが、幻想交響曲の後半ではみんな身を乗り出すようにして聴き入っていたのが印象的でした。


スポンサーサイト