パッパーノ/サンタ・チェチーリア国立アカデミー管 ロッシーニ序曲集

聴いている音楽
07 /29 2016
今週は半ばから雨、雨、雨でした。気温はそうでもなかったのですが兎に角蒸し暑い日々でしたね。。。

前の日曜日に図書館から借りてきて今週聴いていたのはこちら。

■ ロッシーニ 序曲集
 歌劇「絹のはしご」序曲(1812)
 歌劇「ブルスキーノ氏」序曲(1813)
 歌劇「セビリャの理髪師」序曲(1816)
 歌劇「シンデレラ(チェネレントラ)」序曲(1817)
 歌劇「セミラーミデ」序曲(1823)
 歌劇「コリントの包囲」序曲(1826)
 歌劇「ウィリアム・テル」序曲(1829)
 アンダンテと主題と変奏

 指揮:アントニオ・パッパーノ
 サンタ・チェチーリア国立アカデミー管弦楽団

 (WARNER CLASSICS・2014年録音)


大好きな「どろぼうかささぎ」序曲が入っていませんが、ロッシーニの主要オペラがキャリアの初期から最後のオペラ「ウィリアム・テル」まで年代順に収録されています。

といっても76歳まで生きたロッシーニの20歳すぎから40歳手前までの時期の作品なのですね。

弓で譜面台を叩くカチャカチャカチャという音で有名な「ブルスキーノ氏」はお洒落に仕上がっています。うん、いいですね。「セビリャの理髪師」はバスドラムが効いていて、軽くさらさら流れるだけではない演奏が印象に残りました。

「セミラーミデ」は札響定期で聴いて好きになった一曲。なかなか飽きが来ないのがいいのです(笑)。

中間部にクラリネットやピッコロに難しいソロがあって、ピッコロのそれはオーケストラの入団試験のオーケストラスタディでも取り上げられるようで、私もサイトで見たことがあります。聴くたびにドキドキしますが、このディスクでは両者ともバッチリきまっています。あと、序奏部のホルンの音色もまろやかで良かったです。

「ウィリアム・テル」は”スイス軍の行進”を告げるトランペットの太い音色が良かったですね。子どものころから聴いていますが、やはり当時の人も興奮したのでしょうね。パリッと冴え、胸のすくような演奏です。

スポンサーサイト